内側から考える。最近のユダヤ論。

岡田茂吉的なユダヤ観は、唯物論が無くなるユートピア観の一部になっています。ですのでスサノヲ論やユダヤ論が気になり、歴史を最近この観点で調べてみました。 するとユダヤ陰謀論は数あるものの、色々な歴史問題にユダヤの痕跡が認め … 続きを読む 内側から考える。最近のユダヤ論。

人生の方向転換その②

その①のカルマの件について書いてみます。 先日のフリーメイソンについては、あのイスラム国問題もあって嫌気がさして書いたようなものですが、現在の心境は、もうどうでもいい、です。イエスとキリストの区別をするならば、イエス=ユ … 続きを読む 人生の方向転換その②

シュタイナー社会有機体3文節論、以前。

私はシュタイナーの社会有機体3文節論を自信を持って語る力量はない。このサイトではシュタイナー=フリーメイソンとなっているが、私が読み込んでいる限り、そういう事実は全くない。シュタイナーの著作を読めばすぐに判るが、シュタイ … 続きを読む シュタイナー社会有機体3文節論、以前。

フリーメイソンと悪の起源

先日は岡田茂吉とシュタイナーを比較するような文を書いた。しかし霊的な世界観は非霊的な立場から如何ようにも研究できる。つまり気に入らなければどちらかをイカサマ師と見做せば良い。私の立場は最初から、光学でいう加法混色の立場に … 続きを読む フリーメイソンと悪の起源

ユートピアとディストピア

楽観論と悲観論ではないが、シュタイナーと岡田茂吉の世界観の違いはとても気になる。両者とも、終末論であると言っても過言ではない。なぜなら歴史はフェーズで変わるのであり、両者は霊的な予見をベースにフェーズの区切りを叙述するか … 続きを読む ユートピアとディストピア

ものを大事にする−贖罪−

京都で行なわれていた百鬼夜行。これはものに精神が宿ることを知っていた時代の良き日本的な風習だと思う。(別に民族主義や日本優位主義ではない。ここ数年、テレビで日本人の優位性をバラエティー番組で取り上げ続けるのは、一体何に教 … 続きを読む ものを大事にする−贖罪−

現実はひとつのファンタジーに過ぎない