「職業と社会」カテゴリーアーカイブ

社会論に対する私の違和感

『初歩的な神秘学徒は、より良い外的な条件を創造することで世界が改善されることはない、という証拠を集めるように努めるべきである。神智学が私たちに告げるのは、社会秩序は人間によって創られる、それは人間の思考と感情の結果である … 続きを読む 社会論に対する私の違和感

シュタイナーの社会論と意識魂

昨日購入した本は、「シュタイナー社会論入門ーシュタイナーにとって社会とはなにかー(高橋巖『社会問題の核心』集中講義)」なのですが、高橋巌氏が最近「ベージックインカム」に取り組まれているようなので、いずれ参考にするつもりで … 続きを読む シュタイナーの社会論と意識魂

さとり時代の新しい働き方。 個人が会社法人を(獅子が龍をbyニーチェ)ディスる?w

前に、『さとり世代』のテーマを取り上げましたが、もっと根本的な問題を書きたいと思います。 『労働に対して賃金が支払われると、労働者は自分を商品として資本家に売っていることになり、労働者は人間としての尊厳を傷つけられるので … 続きを読む さとり時代の新しい働き方。 個人が会社法人を(獅子が龍をbyニーチェ)ディスる?w