「ルドルフ シュタイナー」カテゴリーアーカイブ

自由の意味 R.シュタイナーや岡田茂吉等の霊学思想研究より

最近感じる、自由の意味。 自由とは無制限に価値のあるものだ、という事には間違いないだろう。 これは殆どの人にとって、賛同できるものだと思う。 自由と愛、これは表裏一体の関係であるのは、霊的思想からも判るとおりで、今後も間 … 続きを読む 自由の意味 R.シュタイナーや岡田茂吉等の霊学思想研究より

R.シュタイナー著【ニーチェ みずからの時代と闘う者】高橋巌訳[岩波文庫]

シュタイナー研究者・翻訳者の第一人者である高橋巌氏の「岩波文庫」初めての刊行本であり、非常に象徴的に思える。 高橋巌氏が、この高齢期に、しかも岩波文庫から、文庫本を出すのは: ① それがニーチェ本であること ② 若い世代 … 続きを読む R.シュタイナー著【ニーチェ みずからの時代と闘う者】高橋巌訳[岩波文庫]

出資先を選べるGLS銀行@ホーフinフランクフルト

フランクフルトDerHofのオープンデーに寄ってきました。 にぎやかでけっこうな人がこの後も出入りしていました。 そのなかでGLS銀行のブースがあって、口座が開けるとのこと。 聞いていると、出資先も公開しているらしい(写 … 続きを読む 出資先を選べるGLS銀行@ホーフinフランクフルト

「ザノーニ」「シークレットドクトリンを読む」

今更ながらに、最高峰「ザノーニ」(ブルワーリットン卿)と「シークレットドクトリンを読む」(ブラバツキー夫人)を読んでいる。 日本の大本教による霊的爆発は、ブラバツキー夫人の出現と同時であり、西洋の夜明けと比較できる故に、 … 続きを読む 「ザノーニ」「シークレットドクトリンを読む」

占星術と天文学-アダム=カドモン-

ハードウェアとしての脳のハッキングという観点で、「星座は産まれた時に印画される」という所から、出発してみよう: アセンダントとは? よく星座と性格の話をした後、詳しい人はアセンダントについても云々する。特に日本では占星術 … 続きを読む 占星術と天文学-アダム=カドモン-

大本教と神智学-70年安保の亡霊と日本の霊界-

「日本会議の研究」で暴露された日本の実態を見て、日本人の精神的支柱について触れたい。 これは多くの日本人が置いてきてしまった「大本」における日本の「精神史」に関わることで、その精神史が欧米とどのようにリンクしているか、概 … 続きを読む 大本教と神智学-70年安保の亡霊と日本の霊界-

本物を識るということ ②人間ハッキングと霊界参入

ヨーロッパだと、やたら人間関係に「星座」の解釈が用いられる。 日本だと「干支」みたいなものだが、星座と干支を組み合わせる解釈が、知人の間で「当たる」と評判になっている。 話を聴くと結構控え目に解釈しても、周りの人間関係の … 続きを読む 本物を識るということ ②人間ハッキングと霊界参入

簡単に霊界を観る事ができる『悪の秘儀』

同時に貸したまま紛失してしまっている2冊の本のうちの1冊。 ルドルフ・シュタイナー著 「悪の秘儀」 (松浦 賢訳) たまたま他人のこの本を読む機会があり、何年振り過ぎて分からない。発刊すぐ買っているはずなので、95年11 … 続きを読む 簡単に霊界を観る事ができる『悪の秘儀』

どってん!フェルダーほーふ。

急遽時間が出来て、お腹が空いたのでフランクフルトの中華に行こうと言っていた矢先に、「そう言えばココはドッテンフェルダーホーフの近くだから、そこでチーズ料理でも食べる?」と言われて、OKした。 うーん、あのドッテンフェルダ … 続きを読む どってん!フェルダーほーふ。