「再びドイツへ」カテゴリーアーカイブ

海外でどの日本のアニメを推すべきか【ジブリGhibri・世界名作劇場】

日本社会では、漠然と『日本のアニメは素晴らしい』とする言動が多いです。クソです。世界の「文学作品」「名作」などと対等に張り合える素晴らしいもの、例えば「源氏物語」と同価値に賞賛されるような、作品は一体どれほどあるでしょう … 続きを読む 海外でどの日本のアニメを推すべきか【ジブリGhibri・世界名作劇場】

呪いと厄年の考察(④:右肩に顔認識するアザが出る)

呪いについて、もう書くことがない、と思った矢先の今朝、深刻そうに驚いた顔で『右肩に引っ搔き傷があるけど、気づいてる?それ女に引っかかれた?』と言われた。 赤いから真面目に強く言われた。そのだいぶ後に写真を撮った。 写真を … 続きを読む 呪いと厄年の考察(④:右肩に顔認識するアザが出る)

呪いと厄年の考察(③:ドス黒い生き物)

呪いシリーズ3回目だ。が、まず言う事がある。 次回4回目には面白いものをお見せしよう。実は今朝、「右肩に女の人の手の引っ搔き傷が付いているんじゃないの?」と言われ確認したところ、それっぽいw 特定の人に呪われているのか? … 続きを読む 呪いと厄年の考察(③:ドス黒い生き物)

呪いと厄年の考察(②:宇宙論)

先日、こちらで厄年に対する自分の実感を書いた。 色々起こり過ぎて、冷静に対処するしかなくなるというもの。 呆れる位なので『諦めとか悟り』のような仏教的な方向に行ってしまうのだが、では全部を譲歩するのかというと、人間おそら … 続きを読む 呪いと厄年の考察(②:宇宙論)

呪いと厄年(前厄・本厄・後厄)

最近、呪われている。 42の厄年の時、その妻と子が交通事故でフロントガラスに顔面から突っ込み、重症、、リアルな話を30代の時に本人から聞いた。 『厄年はあるか』 私は厄年というものは、その時初めて意識して聞いたわけで、頭 … 続きを読む 呪いと厄年(前厄・本厄・後厄)

ヨーロッパ周遊SIMカード 【ドイツ・イギリス・フランス・イタリア・スイス】

日本で出発前にSIMを準備し、現地ですぐ使える最強っぽいSIM。 ヨーロッパに住んでいてもプリペイドSIMは、ドイツをはじめ、本当に、『どツボ』にハマりやすい。私はアメリカではReadySIMを使っているがヨーロッパでは … 続きを読む ヨーロッパ周遊SIMカード 【ドイツ・イギリス・フランス・イタリア・スイス】

タイロッドエンドやボールジョイントの供回り(共回り)回避とタイロッド交換【ドイツで車検②軽整備】

ハメる時も外す時も供回りはたまにあるかと思いますが、まとめます: <ナットが上側にある>タイロットエンドの下側に車載ジャツキをかまして、少しタイロッドエンドを持ち上げながらナットを締めこみます。 <ナットが下側にある>タ … 続きを読む タイロッドエンドやボールジョイントの供回り(共回り)回避とタイロッド交換【ドイツで車検②軽整備】

BlauのプリペイドSIMを使う-やめたほうが良いかも-パケ死を乗り切るサバイバル術

先日書いたようにドイツVodafoneと契約したのだが、開通は1か月後。スマホでテザリングし、その場しのぎをしなければならない。 住んでいるのは村。バス停以外何もない村。 ドイツの村に住んでいるため、電波状態がかなりヤバ … 続きを読む BlauのプリペイドSIMを使う-やめたほうが良いかも-パケ死を乗り切るサバイバル術