ドイツで車検何回目かの、ゴルフ4、リアキャリパー交換編

時間がひたすらなく、ゴルフIVの車検にやっと行ってきました。
ドイツの車検の必要書類は、緑の小さい紙だけ。あとお金。

朝8時からだが適当に10時過ぎに行く

やった事は下回りを少し見たのと、夏タイヤに交換。

で、現場では5分しか待たずに受付で現金を払い、110ユーロ。

20分程待って、自分の車の検査が始まった。

車検オチた

少しして、今の所悪い所がないか聞いたら、「一杯ある」とのこと。パーキングブレーキがリア左だけ利いていないようだ。

あとはエンジンルームのオイル漏れを指摘されたが、清掃すれば合格をくれるとのこと。

さらにLEDヘッドライトは通せないから元に戻して検査するように言われたw 一応想定内だけどね^^

帰りにホルンバッハで7ユーロ

ブレーキクリーナー×4個を7ユーロ程で購入。

部品発注

とにかく時間がないので業者に頼もうとしたけど、YouTubeで見たら、えらい簡単だな、と。リアキャリパーとパーキングブレーキの連結も楽勝だね。13mmと15mmレンチが必要なのに注意。

部品 21€ 片方のリアキャリパー

交換後、Pブレーキレバーを調整することを忘れないように。

キャリパ―が最初は引いてある位置にあったので、戻して調整すること。

合格

合格しました。

今回はリアキャリパー交換しちゃったけど、実はPブレーキのワイヤーが外れていただけなのでは?という疑念も沸いている。

車検員の言う事を鵜呑みにしてはいけない。ただ今回は授業料として、Pブレーキを習った感じさ。

こぼれ話  10cm位の大穴

実は車検に行く前日に、サイドの穴の回りを溶接しようと思った。この穴はジャッキによって開けたもので、元々腐っていた車体に気がつかず、下から上げたら、大穴が空いたw

でも正直、合わせる鉄板まで作ったが、車検というものは実はボディはあんまり気にしてないので、バカらしくて、亜鉛板(0.5mmくらい!)をアルミテープ(笑)で固定しその上からパテ盛りしたw

要するに悪い業者がするような方法で、メンドクサイ感が満載。しかも塗装しなくて車検を受けたが、無視。万事OKだった。亜鉛板で塞いだので、サビなどの問題は皆無ということにした。

QR Code