鬼のストロボ選びII モノブロックをバッテリで【初めての1眼GH5S攻略その⑤】結局はアレ購入

モノブロックなストロボを、モバイルバッテリで運用するぅ?

という情報を受けて、AD200が高い気がしてならないので、安いモノブロックでポータブルバッテリで運用しようと考えた。

SK400iiという安いライトを見つけたのだが、HSSができるとかできないとかよく分からない。150€。

1/16までしか減光できず、Amazon.deではGODOXが他のモデルが売れるようにあえてそうしてると批判されている。強さはAD200等と変わらない。

ポータブル電源はこちらの記事でも取り上げたが、新しいモデルも出ていたので下に挙げておく。小型がおススメ。

9800円位で買えるので良さげ。

キャンプや出先で使えるのがいい。

 

FLOUREON ポータブル電源 純正弦波 146WH/42000mAh 大容量

13000円、Aliで120$位で安い。

私ならこれを買うと思う。

純正弦波ですよ?めずらしい・・。

ポータブル電源 23200mAh/83Wh PowerBar (AC出力 + Quick Charge 3.0 USB ポート + USB-C)正規保証2年

小型っぽいこれも持ち運びに良さげー。

11800円です。デザインはこれ。

しかし今更AD400ProやAD600Proも気になってくる

AD200はワイズの割に軽いよね。好まれている理由かも。
AD400以上は高すぎるし、金銭感覚おかしいだろ?
でもAD400までのサイズは魅力的だよね。

で、されにネットを徘徊しているとこんな記事が

“あ、ちなみにGodoxの場合ボディに対応してるコマンダーを使っている場合はワイヤレスで制御するストロボ自体はどこのメーカー用でもTTL対応するようです。”

やはり。。。でも無線で対応しないっていうモデルもあったんじゃないのかなぁ。。SK400iiはAmazon.deではTTLできないって書かれているし。わからない。早くストロボで練習したくなってきた・・・。

んー、やはりTT600のサイズ・コスパは最高なので、XproとTT600買えば問題ないのかなと。AD200はコスパが悪い気がするのは自分だけだろうか。

TT600などの電池モデルは大丈夫か

TT600はフル発光で約230回(2500mAhニッケル水素充電池)。
問題は何枚撮るかなんだろうけど、、対するAD200は500発。

そしてリチャージ時間も問題。TT860は遅いので避けようかな?

ここでTTLについて正確な情報を入手

TTLはマスターでTTLできないと、スレーブでもTTLできない。という感じの情報を得た。TTLで独自回路を持っているのだろう。

この時点で、モノブロック+外部電源の選択肢は却下。というのは150Whの電源では非力な可能性もあるし、頑張る理由が減る。

ということでGodoxでTTL機能を望めば、TT860o(電池仕様)もしくは非力のTT350oしか選択肢はない。

現在の超万能機種はAD200なので、購入するつもりが、、、高すぎるのでTT860を1台買っといて、練習し、その後AD200と2台体制となり、Xproを3台目とするのが一番理想的なのか悩む。。

それともAD200をセールを待たずに買い、Xproも揃えるか。

というのはどうせ買うなら最初から買ったほうが良くね?という論理となる。自分がAD200に見合う力量とやる気次第の話になるので、なかなか決まらない。

60$(7000円)位で売ってるモノブロックもあって、勿論HSSやTTLはできないのだが、安さには惹かれる。

やや高いが、NeewerのVision5がTTLやHSSがまともに使えてバッテリ型であることがわかった。もしCANONNICONユーザーだったら、買ってしまいそうだ。4万超えるし、デカいけどね。

TTLはパルス信号だから、変換とかできれば良いのだけど。今のところ、そんな情報はないし、世界中だれもやってないw

Panasonicでは限界あり、やはりGODOX一択

NeewerのVision5が好例だが、現状はPanasonicであることも安さを追求できない原因になっていてGODOXに依存するしかない。

Neewer NW680を使うか

気になっているのはPanasonicなのにTTLでNW680を使えるか?という点である。どうも使えそうと思ったが誤りだった?ラジオスレーブそのものができないっぽいw

というわけで、これほど調べたが、万策尽きた。…

中華マーケティングに死角なし・・・。驚いたわ。。

カメラ+レンズ以外に飛ぶお金

Godox xpro-o :67 € → 結局は必要と思われ

Godox TT685o  :113 € → TTLもできてHSSはボタン切替え
Godox AD200 :313 € → 最終的に必要でしょ
なんと合計 493€ ⇒ 61,600円
素人がこれだけいきなり購入して何かでコケるのもヤバいので:
TT685o → AD200 →  xpro-o の順が無難だと思われる。
この場合AmazonタイムセールでAD200を買う事を想定^^;
TT685oは初期投資としては悪くないし、マスターの予備としても機能できるので、バックアップとしても意味がある。

AD200は凄い

ネットでのAD200の評判は凄い。海外(ドイツ)でも凄い。細かい点を聞けば聞くほど凄い。

”パワーが有るとスーパー連写も可能となり
瞬間の表情をつかみやすいです。”

間違いなく凄いし、35000円だからといって、文句も言ってられない。Xproに限っては昨年頃発売なのだからデザインがやや大きいとか、YN622のほうがカッコ良さそうとか言ってられないw

このストロボ市場はGODOXに完全に制覇され、マーケティングが行き届いて隙がない。これ以上安いものを作る競合がいない。

結局Ebayで2台購入するとし、安めに売ってもらった。。
次の記事でインプレしときます。欠点を中心にね^^

QR Code