α7Siiiとシャープ8K1眼、2019年マルチな一眼ミラーレスを探せ【自動追尾ができて暗闇に強い】YouTuberはバリアングルが必要 #CP

カメラ素人はミラーレス/1眼を見ると、スマホじゃなぜ駄目なのかと首を傾げる。これはスマホが①暗所に弱い のと、②光学ズームができない のと③本格的ではない、この3点にある。たぶん。つまりカメラを買うなら①②③に強くないと、意味がないよね。

カメラマン曰く「自分の結婚式は写真の心得がある人に頼む」
つまりカメラを知る人は、素人とプロの差は依然としてある。

③を考えるにあたり、OsmoPocketで十分かどうかよく考えよう。ハンディカムよりも手軽だし、対象を追尾してくれる。ジンバルも付いている。

旅行やYouTube動画にも最適だ。これで満足しない人はミラーレス動画を撮る気だな、と思うわけ。

これは気軽に撮る時の敷居にも影響してくる。圧倒的に持ち出すのは楽だとしても、出先のカフェで撮るのもOsmoPocketで十分でしょ?となる。であればスマホでも同じになっちゃうよね。

ミラーレスは写真機能が十分と考えれば動画が問題なのだ。α9は高速連写特化機で、高速移動物を連写するためのカメラらしい。

ジンバル=「AIの追尾ズームが可能」が目前

初心者がミラーレス機を買うにあたって、2019年のポイントはAIが現実のものとなっているという点だ。何がAIで変わるかというと、「ジンバルが対象を追尾する」ことがかなり大きくなる。

つまりジンバルとミラーレスの連携が来年2020年までのトレンドになるだろう。そうなると古い機種は見向きもされなくなる。

肝心のジンバルは後にしてカメラを選ぶと?

スマホと決定的な差がある暗所性能に基準を置こう:
① A7Sii
② GH5S
これらが2018年現在の伝説的高感度ミラーレス。
大きな違いはセンサーサイズだが、手ブレ補正の有無も大きい。

①のA7S2は2019年にしては古く、A7S3が登場してくるので、値下がった所を購入するか、新しいA7S3を買えば良い。
②は手ブレ補正がないので、ジンバルが必須となる。動画を撮る時だけジンバルを持つスタイルになるのだろうか。

①②の他には、特に暗所の性能という意味では候補が見当たらないが、暗所の性能が良ければ別にコンデジでも良いわけで、最近発売される物を目安に書いておく:

A6400 手ブレ補正なし。暗所の性能はやや上がり、ISO常用感度が32000。「APS-Cサイズとしては最高の高感度性能」?

α6400の高感度特性を試しがてら夜桜を撮る

EOS RP 手ブレ補正なし。フルサイズ機なのに小さく軽く、EOS Rと高感度は同じ40000ということだが、ソニーと較べてどうか。

以上のようにバリアングルモニターは必須でしょう。以下参考:

夜景に強いデジタルカメラのおすすめ14選。スマホからのレベルアップに

リコーGRiii (発売時121,500円) 手ブレ補正あり。APS-Cサイズ相当最高ISO感度102400ということで、暗闇で獲れるなら、もはやミラーレスでなくても私は拘らないかも。レンズ代もかからない。成果重視の考えで行くなら、良いかもしれないが動画は1080p/60p、25分までしか撮れない。せめて4Kが欲しいが暗闇でもFHDで撮れるなら、ここ2年くらいなら実用レベルなのだろうか。バリアングルモニターもないし、動画向きでないかも。。

パナソニック S1/S1R これは重すぎる。ミラーレスになった意味がない。ジンバル併用も難しい。完全にプロ向け。時代と逆行。

素人眼からの「手ブレ補正」

手ブレ補正はa6500よりもGH5のほうが安定しているらしい
でもa6400の自撮り動画をみたら、、、ナニコレ??ブレブレ。

ということはソニーの手ブレ補正は全然あてにならない。
本体+レンズの補正でもジンバルにボロ負けかもね。。

私はドローンでジンバルの映像に慣れてるので、カメラの手ブレ補正って気休めだな、と。ただし無いより全然良いのですが、どちらにせよおそらく自動追尾ジンバルが出て来ると予想しているので、結局はGH5Sならジンバルは無くても良いかもです。

GH5の方が手ブレ補正は優れているようですね。

フルサイズ迷信とカメラ付属品が高額なこと

以下のような価格コムに口コミがあったが、誠にそう思った:

【総評】
フルサイズに踊らされている人に是非マイクロフォーサーズはおすすめしたい。よくよく考えてみてください。イメージセンサーが大きい方が良いというのならニコンもキヤノンも何で中判や大判のカメラを作らないんですか? こちらの方がイメージセンサー大きいですよ?
要するにマーケティングです。イメージセンサーが大きければレンズも大きく高価になる。そうなればメーカーはウハウハなんですよだからニコンもキヤノンもフルサイズ買って欲しくて今のような状況にあると分析できます。
本当にそうですよ?

上記のような指摘から言うと、4/3機で良い気がしてくる。暗所での圧倒的性能差に魅力を感じたわけで、GH5 Sが適当だろうか?

GH5 SはGH5と実は、全然違うらしい。ジンバルとカメラの一体化を望まない限り、GH5 S が良いように思える。

ただし「ボケ感」はフルサイズに軍配が上がる。でも素人からするとボケ感の価値ってそんなにあるの?っていう感じだ。

ここは静止画を重視するかどうか、あと静止画と言えば、やはりA7iiiは連射機能や軽さなど色々な点で有利になってくる。以下がA7iiiとGH5 Sの比較動画。

特性が結構違いますよね:

シャープ8Kカメラが2019に登場

マイクロフォーサーズm4/3のカメラの価格は、30万円から40万円と発表されている。現状では8Kは要らないけど、知っておく必要もあると思う。

価格の問題。日本と海外。キャンペーン等。

海外の方がカメラは安いらしい。現在ユーロ円が125.5円。
GH5 S の本体がフランスで1799€なので、225,900円となる。

日本だとAmazonで263,000円。つまり4万円位、高い。日本はキャンペーンやってると思うが、それでも高い気はする。

 

 

日本の場合は、価格コムだと234,000円で結構安い気がする。
GH5 Sは緩やかに20%くらい下がって来ている感じ。

A7Siiiが登場するとどうなるか

A7S2の新品価格が下がらないかもしれないが、最低でもA7S2の中古価格は下落するのではないか?

A7S2は現在ドイツで2,200€だから276,000円。日本の方が安く、新品でも23万円くらい、中古でも21万程度だ。今、価格としてはGH5 SとA7S2は本体価格は変わらないので、手ブレ補正も付いているA7S2のほうが初心者にも持ち出すにも適しているのでは?

もしA7S3が発売し、A7S2が値下がりした時、普通に考えて20万円は割って来る。

ここで重要事実が発覚。レンズは1本20万する、安くても10万付近らしい。。つーか、それ必要なの??? レンズに10万要るの?
意味がわからなくなりました。で、断定したいと思います。

馬鹿じゃね?皆さん洗脳されてる

プリンタービジネスと比較される、カメラのレンズビジネス。
落とし穴がわかってるのに、なぜ仕掛け人の意図通りに動く?

この点でイラっと来ました。プリンターなんて互換品を買えば良いですよね?レンズも同じ考え方で十分ですが、そう安い品があるとは思えない。マウントが違うので格安品も流通しにくいのでしょうか。

ですのでコンデジか、M4/3にします。どうせA7S2を買ってもバッテリの持ちが悪いので何個も必要になるし。

A7S2はレンズが高いので止める事にします。A7S3が発売され、値下がりがあった場合のみ、再検討します。その時はA7S3にも惹かれると思いますが、スタミナが良いというだけの話ですよね。

であれば、現状ではGH5S しか選択肢が無いのではないか?

(スマホのPIXEL3が暗所に強そうですので、今後注目です)

じゃ、レンズは何を買うのか

レンズ交換ができるのがミラーレスの強みですが、ものぐさで軽量志向の自分の場合、つけっぱなしという選択肢になると思います。動画用途であればズームも欲しく、広角も欲しい。

GH5 Sならこんな感じの LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm だろうか?手ブレ補正にはデュアルISの1と2があるので、2にしなきゃいけないようだ。

ドローンを買った時の体験をフィードバック

「持ち出す機会が減る」ことは十分に考えられます。ドローンで言うとPhantomを買うよりもMavicを買った方が明らかに有利。

ですのでパナのS1とかは大きさヤバいと思うし、消費者ニーズの流れには載ってない。GH5SもM4/3の割りに大きく思いのも。

ここでまず買うのを待ちましょう。一旦止めます。最近無理することを止めることにしました。予算とかも無理だらけですし、戦略も変化するかもしれません。何らかの判断材料が出るかもしれません。

一番重要なのはジンバル

ズームに対応したAI付きジンバルが何よりも重要です。
だから今カメラを買ってもそれがないと、動画は完璧ではない。

でなければOSMO POCKETを買えば良いだけのお話。OSMO POKETで暗所の撮影が強くなれば、GH5Sは要らなくなる。でもそうはならないので、ジンバルが今後の鍵を握るのは間違いないでしょう。だからDJIが一番有利になっているのはもう、間違いのないことでしょう。たしかMi Droneもそんな感じだったよね。

Gimproというジンバルは6,999円という破格!

材料費は安いと思いますので、もっと下がったり、色々な機能が付くかも知れません。。

楽しみな分野かも。。

手ブレを抑えるためのジンバルではありません。自動追尾できるから今後はジンバルが必須になるでしょう。

恐ろしいと思うのは、もしOSMO POCKETのセンサーが大きかったり、暗所性能に強くなったら、、、GameOverですね。。

QR Code