LEDヘッドライトの消費電力を「さらに下げる」方法。

先日の記事で、低消費電力40WのLEDヘッドライトを導入した。しかし本当に40Wかどうか、消費電力を知る手段がなかった。

 

 

実験で確かめたら、中華製は嘘ついてたw

実験で使ったのはコレ。買って最初の実験です。すぐに役に立った^^

50Aまでの電流をシャント抵抗で計れる。

ではいざ! 実験開始!

なんと、少なく見積もっても片方60W以上。

たまたまダイオード3Aがあったので試したら:
4Aで40Wと表示されている!これが理想的だ。これがいいw

もう1回計るとダイオード6Aで計ると、やはり約6Aで60W。

ダイオードでできるんなら、やったらどうだろうか?

ダイオードはこのセットを使ってる。

何故か持っている。。記憶にない。。

が、、、役に立って良かったね^^

ダイオード3Aをかまして強制40Wにする

こうなったら謳い文句のとおり、40Wにしたい。3Aで光量が落ちないか確かめてみた。室内で実験!

写真による比較はできません。なぜなら今ドキのスマホは自動で明るさを調整しますから。。。動画で撮りました。

室内でやっても、変わらないんです。変化がわからない。
<動画は消すかもしれません。>
これ、もしかして3Aでも6Aでも光量が変わらないのでは??

とにかく。。。野外でも比較しました:

そのまま片方だけダイオード3A入りで、1時間走り、車庫へ。

右側が60Wダイオードなし。

左側が40Wダイオードあり。

走っても違いがわからない。壁に映しても、コレ一緒w

ということで採用となりました(笑) アハハ。。おかしいや。。

普通のハロゲンライト:55W
普通のHIDライト:35W

HID並には減ったので良しとするが、2Aまで減らして再度実験すると面白そうですね。明るさが減った感じはしませんでした。

QR Code