⑰₋3 大厄でもオイル交換完了。 【ドイツで奮闘!メルセデスベンツのレストア・修理】Vクラス ヴィトー

大厄ともなると恐ろしいもので何が待ちうけているかわからず、ついに非常に慎重に行動するようになり、粘り強くなった;

長期的視野が身に着くというのだろうか。。。

ついにオイル交換が終了

前回のように上抜きでオイル交換に切り替えたものの、ぜんぜんホースが入って行かない。。

6mmのホースが60‐70cm入っていたのが100cmまで入れられた。

でもオイルは抜けない。。長期戦に入った。

でもオイル交換をどうにかしないと精紳的にキツイ。

工具を削って、もう一度ラスペネで勝負

今度は2つの工具を削って、ドレンボルトにちゃんとした工具がかかるように目算した。工具よりもオイル交換が大事です。

ラスペネもかけて、、、13mmを大ハンマーで叩く!

ボルトが回った!出た。廃油6L程度。めでたし、めでたし。
フラッシュ液を入れたまま、1000km位走行したかもしれない。

QR Code