⑰₋2 たかがオイル交換ができないという呪い。 【ドイツで奮闘!メルセデスベンツのレストア・修理】Vクラス ヴィトー

オイル交換するのに、3週間かかるって聞いた事がない。

でも本当にかかってる。これ、途中から暗雲が発生し、今日、結論として「諦めた」。あまりこういう事で諦めることがないので、非常に不満が残った。記述として残しておく:

前回の続きから

前回あんだけ調べたのに、さぁオイルフィルターを交換しようとなると、オイルフィルター回らないんですけど^^;

とまぁ、こうなる。やっぱり多少は予想してたのよね。。

手持ちのオイルフィルターレンチでは取り回しなどで、作業困難に。

オイルフィルターレンチは10€程度で売っているようだ。他にも売ってる。

MBのオイルフィルターレンチは74mm

3Dプリンタで作れば良かったけど結局買った。10€なので。

ただかなり使いづらい。

しかも1/2のエクステも必要になり、そんなのドイツに持って来てないので、ヘッドライトを外したりして、工夫してやった。

ただしこの工具は、VWにも使える

ついでに頼んどいたVWゴルフ4用のオイルフィルターも偶然74mm。

計測したら73.8mmとかありました。

オイルフィルターを回す所までで、かなり消耗した。

もうやめてほしい。

ドレンボルトが回らない

13mmがなめかけた。こんなことは初めて。

しかも驚くことにラスペネが利かない。こんな異常事態って。。

さらに工具が入らず、下抜きは事実上無理。危険を冒したくないというか、この運気だと絶対『ご臨終』になるのは目に見える!

オイル交換を上抜きに変更

今度は上抜きを考え始める。

サイフォンの原理で、抜くことを考え、6mmホースを3m購入。

レベルゲージのところにぶち込む。

上手くいかないので、手動の機材を買った。

上抜きもできない

機材がなぜか吸い込まない。。10mmのホースが付属しているので、それでも試すが、レベルゲージ穴にも入らず、注ぎ口にも入らず、6mmでも何度もトライするが、500ml位抜けた所で、空気しか吸わなくなった。原因がわからないが、もう止めー。

いい加減、時間がかかりすぎる。どんな工夫でも攻略できない。

まさかの諦める事態に。馬鹿バカしくなって、新しいオイルと500ml位入れ、オイルフィルターエレメントだけは交換した。

エレメントだけ交換できただけでも精神衛生上、まだ助かる。

まだ問題は残っているが

たかがオイル交換に3週間あれやこれ。いい加減にしてほしい。

リキモリのフラッシング剤を入れたままなのだが、もう限界。

怒りというべきなのか、何なのか自分でも分からない。馬鹿バカしいというべきなのだろうか。

今まで色々整備してきて、これは珍しいし、呆れる。

これは本当に大凶、大厄の部類に入ると見た。

実は今年前半にも別の車で、前輪が固着して大ハンマーでも動かないという事態になったが、本当にどうにもならないレベルが起こり過ぎ。

これで考えさせられるものがあった。ちょっとこの手間は異常。
大厄はむしろ、人生で今がMAXではないか、と怪しむ。

QR Code