⑪ガス缶での風呂やシャワーを車内に作る#その2【ドイツで奮闘!メルセデスベンツのレストア・修理】

冷蔵庫の場合、ガス5Lだと3週間稼働でき、ガス缶で1日イケる。冷蔵庫は12Vでなく、ガスでも運用できると知るのは良いこと。冷蔵庫は50mBarの方が安い製品があったので、シャワーもそれに合わせても良いとは思う。2800PAが28mBarになるので注意だ。

プロパン5L >>> 30 or 50mBar  >>>ガス製品

前回の話の続きだが、ガス缶そのものは推定15Barだと判った。

つまりそういうのを減圧して、グリルや冷蔵庫やシャワーなりに使っている。だからレギュレーターが必要になるのだ。たぶん。

さてシャワーの選定を

ココによると24kwの能力が標準らしい。そして低すぎると寒い水しか出ない。。 でも大きければ場所を取ってしまう。

 

 

 

 

外形としてはほとんど同じ。だが36kwだと10kgのようだ。
中国製なので無難に、99€で12L/分(24 KW)したいが、、
日本人であれば10kgの36kwにすべきだろうか、、迷う。。

プロパンガス容器の大きさ

ミニプロパン容器は2Lか3Lが良さげ。

直径22,0 cmで高さが25cmか32 cmだ。

ドイツでは11Lがスタンダードである。
5Lもそんなに大きくない気がしてきた。

5Lは近くのホムセンのお世話になる。

5L容器の高さは48cm。直径23cm。
やはりちょっと大きいが運用次第。

ガスは10€で安いと思った。

2L容器を入手する必要があるのか。

5L容器を借りてきて、どう運用するか決めるのもいいかも。
もしガス缶で運用できれば、それが最強だが、交換が面倒かも。

最後まで判らなかったのは1,0 kg/hで良いのかどうか。

それに本当にガス缶でシャワーが動くのか、ということ。

車内に5L ボンベが積めれば、それが一番楽かもしれない。

YouTubeで調べてみる

こういうのもあるのだが、ちょっと面倒だし、段取りがね。。

YouTubeにはシャワーがどの程度動くかも、何もなかった。。

ちなみにプロパンガスの移動時は寝かせても安全性が確保できればOKだが、使用時は絶対に横にしてはいけない

やばい、32kwのものを買いました!

インプレは後日。

QR Code