決定的!急上昇!3Dプリンタ電源不足&時間節約に、ヒーテットベットの温度に強い味方

等身大3Dプリンタを設計自作したり、3Dプリンタの電源が爆発したり、結構色々やって飽きしかも面倒すぎて使わなくなった。

でもやはり必要なものであり、あると便利なものには違いない。

数年経って物凄いアイディアが出たw

3Dプリンタの挙動がオカシイ。電源不足だとわかった。
しかし中華製電源は爆発したし、買い直すほどのやる気もない。

一番良いのはソリッドステートリレーでヒーテッドベットの電源を別で取ること。しかしそんな時間も余裕もない。あぶない。

見ていると、30分も弄ると、電源が熱くなって安全停止する。
だから30分位しか造形できない。。。これは問題だよね?

じゃ、ヒーテッドベットなしでやれば良いじゃん、となるが、そこはPLAでなくABS使いから言うと無理。で、ベット面をガスバーナーであぶったw   焦げたが温度が上がらないw

登場したのは救世主ドライヤー様

今まで気が付かなかったが、ベット温度の上昇に時間や電力を喰うなら、ドライヤーで直接あぶるべきだったのだw 今更感。。。

そこで実行してみると、、凄い温度で上昇する。80度位までは『ターボアシスト』するのだ!というわけで、3Dプリンタが物置に行かずに済む、、、というお話でした^^;

時間をウダウダと使わずに、すぐに取りかかれる、というのは、ほとんどデメリットが無い。12V が遅すぎるという話もある。

QR Code