①Mavic Airで魚釣り【ライン川でドローン釣り】と追跡(アクティブトラック2.0)

Mavic2が発売され、ドローン保険が水没に日本でも対応した。
これにより魚釣りをする気運がわずかに高まったw

ここでは自動追尾(アクティブトラック2.0)機能やMavicAirでの魚釣りについて考えてみた。

ちなみにMavicAirかMavic2で悩む人にはズームや伝送距離の点からMavic2をおススメする。しかしMavic2はスマホからの操作ができない。欠点というか、差別化があってMavic2が絶対的に良いわけではない。

アクティブトラック2.0は良いのか?

MavicAirよりも進化したアクティブトラック2.0が登場し、障害物回避や陰に隠れた物体の予測なども行えるようになった。

少しは進化したが買い替えるほどのものではない事がわかる。

ただし進化はした点は認める。この点だけでもMavic2はアリ。

MavicAirでの魚釣り

先日以下の動画がアップされ、日本でも気になる人がいるよう。

私はMavicAirで魚釣りができると思っていたが、以下のページはプレオーダーであり、実際には販売されていないようだ。

つまりAIRでは、送信機側で従来のLEDオンオフ切替えができないということがハッキリしたと思う。『できないのだ』

でもしたい。。Mavic2やProなら問題なくできる。

ただ一つ方法がある。LEDが消灯する「録画開始」を使う方法。
これで同じようにMavicAirでも魚釣りできるようになる。

<書きかけ>

QR Code