②ドイツで仮ナンバーの取得【ドイツで奮闘!メルセデスベンツのレストア・修理】

ドイツで仮ナンバーの取得法を書く。ネットに載ってないから。

まず日本で仮ナンバーというと、役所に行き、免許提示と1000円以下の手数料で、仮ナンバーを借りれる、というもの。
車に詳しくない人は、仮ナンバーと言われてもピンと来ない。

ドイツで車をネット取引

知ってる者同士が車を売買するのは良いが、知らない者同士の場合、ドイツではナンバーが外して売ってることがほとんど。

これが面倒なのだ。いっそナンバー付きの車を売ってくれれば、公道を走って買った車をそのまま乗って来れるし、名義変更すればよい。手間がかからない。しかしそうじゃない。

ドイツはRotkennzeichen, Gelbkennzeichenと言われ、臨時運行ナンバーがわかりにくい。呼び方もマチマチで、私の役所では案内すらなかったので、口頭で「Kurzkennzeichen」で通じた。

Kurzkennzeichenは専用のeVBナンバーが必要

人によってはeVBナンバーが不要と言明するドイツ人がいるので、海外で生活するのが如何に大変か、知る。それニセ情報。

これにはハマった。どっちのグループのいう事が事実か、確かめる必要あり。役所の人でも、要らないと言ったり。恐ろしい。

保険会社が仮ナンバー用のeVBをくれる

自分の入っている保険(私はAXA)が仮ナンバー用のeVBを発行する。しかしこれもまた例外があり、発行してくれない所が多い。

イチイチ電話で代理店に確認しなければならないのだ;

現在保険に入ってない人は、オンラインの方が速い。
さっと見た所、25€ほどで3日や5日有効の保険に加入でき、eVBナンバーを発行してくれる。

しかし仮ナンバーというのは、日本のようにナンバー上に期限が書いてないから使い回しするのではなく、仮ナンバーの期限が書かれるから、イチイチナンバーを作らなければならないのだ!

バカみたいなシステムを消費者が被る

たった5日走るのに、専用のナンバーを作るってどういうこと?

ドイツはそういう国。ユダヤ人とか企業とかの言いなりでルールを作る。そんなんばっかの国。日本も同じだが、傾向が違う。

で、自分の保険会社は100€を要求

オンラインの客はAxaの場合、代理店でしか扱わない。
で、一律で100€を要求するのが慣例。
どういう「殿様商売」なわけ? これ個人取引の妨害でしょ?
日本だと750円で済むのが、ドイツだと15,000円超える。え?

自分の保険会社(AXA)は中止→外部業者25€

eVBは通常保険とKurzkennzeichen用は異なる。
そこで3日で25€の保険に入った。なんかムカつく。

これは相手に買うって言ってしまった事、時期的な都合、その他の選択肢が半額ずつ取引するというような信用ありきの取引になってしまうこと、というような事情が影響している。

ちなみにネットだといつから3日なのか明示されていないため、購入日を含めて3日となる様子。今回はそれで十分だったがご注意。

予想を反して仮ナンバーは9€

役所の手続きは13€。ナンバーは9€。保険は26€。合計47€。

仮ナンバーが手元に残ったけど、これ、ゴミだよねー?

QR Code