tejixというブラック企業の仕事

テジックスという千葉に拠点を置くフランスの会社に関わったのだが、これがまた典型的なブラック企業だった。

同意なしの深夜勤務、金銭契約の誤魔化し、社長自らが、自分の非力さで問題が解決できないと逆ギレ。とまぁ、書ききれないw

パートナーに逆切れされても?自分の能力が原因で?
この会社、能力なんてありません。。。w
ホームページには思わしげな事を書いているが、現場だと非力さが半端ない。PCのネットワークトラブルが解決できずに社長自らがPINGの打ち方を確認する始末。。。他のフランス人スタッフは良い人がいたが残念ながら無能。。

日本以上に空気読めの現場?

ヨーロッパの現場だったが、皆ボケーっと立っている。日本でも珍しいような光景。一人作業して残りのスタッフは 見守っている!? ドイツ人でも馬鹿にしそうなわけだが、非効率きわまりなく、しかも疲労がある中で誰も座らない。

長期間様子を見たが、日本人によくある”空気読め”と同じ!私はそういうのが、馬鹿みたいに思う性質なのだが、驚くことに皆イスに座りたいわけで、離席し隠れて休憩し暫くして戻ってくる。

何もしないのに現場にいる必要あるわけ?

早く帰ったら?という話なのだ。

そしてこの社長から直接言ったのが、”ボスの私より先に帰るな”であるw 驚きの一言だった。日本語で仕事を受けたのに、やり方はフランス式でやれ、なんていうのは聞いてねーよ。

この会社はフリーランスと守秘義務を含めて、紙で契約書を交わさないし、今時コンプライアンス大丈夫ですか?

うーん、私は契約で働いてるのだが、日本の感覚でいうと、外部の人間にこう言う事を言うべきではない。Tejixという会社が日本の会社なのか、フランスの会社なのか、そんなの言われなきゃわからないんだし、やり方をフランス式にしろと怒りを表されても、その前に一緒に働くパートナーにもっと説明しろや・・。

前日まで勤務時間や勤務場所の詳細を伝えて来ないし。。

日本語で受けた仕事は、日本の常識で処理されるべきなのに、いきなりフランス人社長が出てきて、常に不機嫌な顔で俺の言う事を聞け、椅子にも座るなという”空気”で支配されても、日本でいう協力会社や外部の人間にそれじゃあ、立派なブラックだよね、と。

よく日本に進出できているな、というメンタリティーだ。

社員も急に辞職すると言ってきたり、都合が悪くなると返信が来ないとか、おかしな点が色々が目に付いたが、特に社長はよくあるワンマンタイプで、クセというか神経質でワガママ、つまり仕事は多少できるので生き残っているが、悪い50代60代の見本のようで、仕事の進行に自分の悪い所を引きずるので、部下や周りがそのツケを払わなければならなくなる。

ま、おしあわせに、という感じだ。

この会社は技術なんてない。スタッフを見ればわかる。
無知というか、ハイハイという事を聞く社員がいるからこそ、このワンマン会社は成り立っており、ほとんど個人経営に近い。

社長そのものは注意深い人間なので、仕事が取れているのだろう。でも立ち姿や性格もとても気持ち悪いものがあった。

ニーチェの言葉でいう「悪趣味」な人間には違いない。

後で他の外部の人間に聞いたら、よく怒っているらしい。
自分の社員に怒るならまだしも、外部や下請けの人間に八つ当たりするなんて、全くナンセンスだ、日本の私の感覚からすると。

日本では協力会社という言葉のとおり表面上では下請けに対しても、紳士/真摯に対応するのが普通だと思うが、フランス式は違うと聞いても、そもそもこの人の問題であって、フランスの問題ではないと思うが、フランスの印象が私の中でかなり悪くなったのは間違いない。

初めから怒りだす人物だと知っていれば良いのだが、そんなの知らんし、迷惑な話だ。こういう50代60代って日本でもいる。

当たり散らして、紙をビリビリに破いたり、相手に土下座させるまで怒ったり、、バブル期の人間が駄目なのか、とは最近分析している。これを見ると、自分が50代60代になることが、不安にすらなりえる。反面教師みたく、こんなみっともない老年になるのは本当に恐ろしい。特に注意したい・・・。

ブラック企業はフランスにもあった。どんどんブラック企業は無くなってほしいんだけど、モラルの向上以外打つ手はない。あとは他の人がくれぐれもこういう会社と事故らない、関わりにならないよう、気をつけて欲しい。

ブラック企業に出会うのは、街で犯罪に出会うのと、最近は同じように思う。犯罪は誰でも警戒するが、企業には警戒しないw。

QR Code