【MavicAir(Pro)/Phantom】ドローンを墜落&水没から守れ!【ロストや落下事故対策】♯海 #釣り #空撮 #GW

DJIのドローンは非防水。Splashは防水なのですが、価格が高い。
今回はどうやったら水上で安心できるか考えてみた:

私は最近は臆病だから、電波の強いMavicProを買おうしてたら、タイムリーに、海で釣れたツイートがw かなりウケるw

ま、実例・現実は置いといて、色々調べたことをざっと書く。

GetterBackやビーパーでの対策は古いか

MavicProに水没やロスト対策するのは、正しいように見える。

GetterBackは値段が倍近く高騰し、そもそも水没”後”の対策だ。

ビーパーのアイデアはそもそも良いと思う。音は記録しないし。

GetterBackの動作例。回収の重要性や水没の実際がわかる。
ちなみに保険は回収ができないと利かない。回収はマスト!!

一体何が最良なのか。① 緊急時発動型

風船が飛び出るWater Buoy

高い7000円位。WaterBuoyは下向きに風船が出る仕組み。

パラシュートやエアバックという方法

日本製エアバックがヤバい。25,000円で水没後の対応w 要らんw

これ買うんだったら$15のGettyBackでいいやw 馬鹿バカしい。

パラシュートもある。$500ということを除けば最高のアイテムw

何かしら高い。手探りしてる感が満載。落下検知パラが現実的。

参考:ディズニーが開発したパラがイカす

さすが大企業が開発するだけある。海外ならではの自由な発想。
デザインが大気圏突入型みたくイカす。作りたいw

② 通常時からフロート(浮き)を付ける

最も簡単な水没対策。どれが効率が良いのか、気になる。

だが素材は? PP?プラ?ゴム?下の機構が秀逸だった。
落下まで想定するとゴムかエアバックが最適だと思うんだよね。

さすがに自転車のゴムチューブは重いだろうがヒントにはなる。

もし水没したら・・・こちらを参考に

こうすれば治った!ドローン(Phantom4)が水没した時の対処法【墜落マニュアル】

QR Code