夢継ぎ人

50以下の事業家が亡くなって、その若い夢を引き継ぐ、というのが”夢継ぎ人”である。

多産で多方面に才能を発揮した人物が、事故や諦めによって、夢が破れた時、それを回収し、引き継ぐという事業体があっても良さそうなものである。

ただし夢というものは、破れうるもの。だから夢継ぎ人であっても可能かどうかは、わからない。その場合は、その夢はさらに誰かに託されるべきである。

 

 

QR Code