精密溶接機の自作【バッテリー自作溶接と200V中華製溶接機】

溶接機は自作できる。私は1万円以下で中華製を購入したが、車のバッテリーを使っても可能。だが通常の溶接では熱で歪みが発生する。作業によっては全然使えない。

私の持ってるAC200V機(自宅エアコン電源で利用可)

特に太い溶接棒も問題ない。

私の持ってる機種の110V(日本の電源用?)

しかし私がより理想的に考えるのは以下の精度。熱害も少ない。

一応、精密溶接に関して、日本では情報が少ないが、こういうのが良いと思う。卓上で、アーク溶接ではない方法が良いね。

自作スポット溶接機

まずスポット溶接機自作。コンデンサで自作するのもよく見る。

自作スポット溶接機
コンデンサを使ったスポット溶接機を自作する

バッテリーでもスポット溶接が簡単にできるようだ。

この中国製のスポット溶接機は電池用で、薄い0.1mmのものを溶接するみたい。スポット溶接は薄物に特化しているから、用途が限定されてる。

正直な話、薄物のスポットならバッテリで自作するだろう。

両面からのスポット溶接は、Single‐side‐studスポット溶接と区別する必要がある。1mm位の薄物同士を片側から溶着できるし。

元々スタッド溶接を応用しているようだ。

バッテリーでのアーク溶接機自作

なかなかイケてる。でも自分は持ってるから省略。

自作TIG儀

バッテリーでもTIG溶接機が作れるんですねぇ。問題はガスか。

精密な方向とは逆方向ので、パワーを求めるものもある。

ここまで行くと、マニアックな世界ですね。。

精密溶接機の自作について

元々は歯科とかジュエリーなどの需要で精密溶接は発展した。

MicroWelderが一番検索できるかも。ただし通常のTIGとは「タングステン電極が引っ込む」「パルスコントロール」が異なる。

普通のTIGで妥協すると、0.2-0.4mmのタングステン電極かと。

この動画で「30Aでタングステン電極が壊れる」と言ってる。

アルゴン流量が5-8cfh で、電極は”髪の毛のように”、細い!!

パルスできるTIGが、精密溶接に現実的に一番近い方法では?
交流というわけではなく、パルス。交流&パルスということ。

なんと、TIG機にパルス機能を追加する自作例だ。$10だ!

こんなのを見つけられるYouTubeの可能性が凄すぎる。。

最終的に凄い自作機?を見つけた

今は領布を止めていて残念だが、回路図が公開されている。

よく見るとガスをつかってる。

DC溶接機をTIG溶接に改造するものもある

改造しなくてもあった@@

小型では1-2万円で買えるものがある。だが小さすぎるかも?

タングステン電極がプラス側にある。細かい部品には最適?
従来と異なり、ガスなしだ。そこは魅力だ。

パワーは1.2mm径の線材を繋ぎ合わせる位らしい。。
おそらく500W がガス無し限界ではないのか??

まとめ①:マイクロTIG交流パルス溶接

例えば、以下のバンドソーなんか、TIGでも難しい。

これは精密溶接だと小さすぎる気もする。ではTIGパルスでタングステンでマイクロ溶接するのが良いのだろうか、、、難しい。
ちなみにガスなしでTIG溶接を行うと、タングステン電極が破損するみたいだ。精密溶接でもガス有とガス無しに分かれるし。TIG溶接で熱害を改善するには、パルス機能を使うらしい。

まとめ②:ガスを避け、スポット溶接方向へ

すぐ上のジュエリー用の既製品か、もしくは両面のスポット溶接の電極を工夫して、片面にして自作できないだろうか。

細い線材をスポットで溶かすしか、方法はなさそうだ。

ガスをバーナーで代替してはどうだろう?DIYだからさ。

スポット溶接では母材を溶かす。だが線材はマストな条件だ。

条件を整理してみる:

スポット電源:バッテリ(直流12V)/中華MMC機(交流20V位)

スポット電極:銅で押し当てる/タングステン1mm‐1.6mm

次回に続きます。やはり銅材で”パワー”スポット溶接で、ステン線材も溶かす方法が良さそうに。そんなんできるんかいな?

以下:メモです。

ドイツのアルゴンは100€、補充が50€程度。

Argon 4.6, 20 L Füllung
Argon 4.6, 20 L Füllung und weitere Sortimente aus dem Bereich Gas. Jetzt informieren über Preise und Verfügbarkeit im HORNBACH Markt.

溶接マスクメモ:
良さげな自動溶接マスクを載せておくけど、できればマスクなし、ルーペなしで、手軽に溶接したい。

外や作業室でなく、卓上で、気軽にやりたい。やっぱ、これに限る。。絶対できるはずだ。。

アルミのろう接にはALシリーズはドイツでは人気。

ろう接でなく鋼板をハンダづけ

ステンのハンダづけ。45度の小手先??

 

QR Code