ドローン(の自作?)②再調査 【ArduPilotやフライトコントローラ】

先日、2018年はドローンの”自動追尾元年”となると書いた。
Ardupilotがwifiカメラ信号による自動追尾を実現し、1万円以下の高性能ドローンが、市場に出回るのだ。

高性能ドローンが安くなる。2018年はドローン”GPS”元年(Ardupilot)【+ドイツ・ス...
ドローンが安くなってきた。1万円で、高性能のものが発売され始め、2018年、あとちょっとで「買い時」。どこが惜しいのか?https://www.drone-enterprise.com/blog/4516...

で、実際にAliexpressを見ていたら、1万円以下の機種を発見!

当初は不具合があったようだが、ちゃんとFolowMe(自動追尾)が付いており、Wifiを強化するとGPSを良く拾うようになるのも予想通り。(Amazonレビュー)

日本で7999円。USでは$57!(Ali経由)
Hubsan H507A X4 STAR-PROというらしい。動画もある。

時間があればまた、前回紹介した「S70W」と比較検討したい。広角レンズ、ジンバル?で現在$99のあちらに軍配は上がるか?
S70Wは「Syma X8Pro」とも同型機とのこと。

本題に移る前に

さて、今日の本題は『水中ドローン』と

【釣りとドローン】水中撮影とラズパイ【釣り免許(CartedePeche)を”購入”】ドイツ...
人が飛べるドローンの話題がチラホラ、空よりも海をホバーする『ドローン艇』が現実的になってきました。船酔いも無し!釣り素人が「EUで釣り」はできないのか?昔スイ...

『気球ドローン』と

VR・ARとか360度・広角映像ができるガジェット選び ⑥ 空撮用ドローンの調べ
私はドローンがあんまり好きじゃない。気持ちよい散歩中にドローンが飛んで来たら、どこか鬱陶しいのです。人間不在的で、堕ちても良いし、純粋なメカに違和感があるの...

『ジンバルの自作』(今後の基本技術。自作のw)なのだが、その前に、ArduPilotについて調べたので、その調査をまずまとめる。


ArduPilotやフライトコントローラの状況

ドローンの頭脳はフライトコントローラー。それが今、2大勢力でDJIとオープンソースのArduPilotらしい。

ドローンのオープンソース「ドローンコード」が産業利用に与える影響 | DRONE MEDIA
農業や物流、点検や測量といった様々な産業でドローンが利用されることで需要の拡大が見込まれるソフトウェア開発ですが、この分野で注目を集めているのがオープンソー...

で、ArduPilotとは何かというと、こんな感じ。ArduinoMega2.5とかが$25位で売られているが、開発が終了しているようだ。

ArduPilot がサポートしている FC について | iwasan.net
ArduPilot の自作機を作ってみよう!ということで、一番コアな部分のフライトコントローラー(以下、FC)について調べてみました。今回は、ArduPilot がサポートしてい...

だがArduPilotが融通が利くかというと、もっとオープンソースを巨視的に見る必要があって、以下が網羅していてとても良い。

ドローンにもオープンソース化の流れがある - Qiita
ラジコンヘリの値段がとても安くなっているのに気づいたとき、ラジコンヘリと携帯電話に技術の共通点があることに気づいた。### ラジコンヘリと携帯電話の共通点- バッ...

その上で日本人の自作(コントローラー)状況が判るのがコチラ:

フライトコントローラの日本での実績比較 【フラコン比較④】
フライトコントローラはドローンの頭脳なので、ドローンの使用目的によって何を選ぶかを考えないといけません。 私が…

そして本題

水中撮影や「気球のやんわりさ」をドローンに組み込みたい。

水中50cm位の水深から撮影したいが、ボートに変形したら面白い気がする。

ジンバルを自作したい

話は変わるが「ジンバルってどうやって作るの?」と気になる。

今の安いモデルが720pでHDレベルなので、小型アクションカメラFHDや3K/4Kを載せる人もいるみたいだ。それでいいと思う。90度カメラの向きを変える機能は大変良いが、画像のブレはジンバル作ればOKでしょう?

で、防水のアクションカメラを載せれば、そのまま水中へw
それでいいんじゃないかなぁー。

3Dプリントとベアリングで、ジンバルを作ろうかな。

っていうか、ラズパイでそのまま撮影するのイイかも?

QR Code