ヘインズマニュアルで軽整備

ヘインズマニュアルは日本車以外で使う人がよくいると思う。

私もどこかからDLしてきてPDFは見た事があったが、今回はイギリスのAmazon.co.ukから中古を購入。何と驚くなかれ2ユーロ。

結構、ブ厚いぢゃないの

届いた時は何の袋かと思う位、素っ気なくて、イギリスは地味だなぁ、と。開けてみるとA4サイズのハードカバーで、立派!

驚いたのはブ厚さで、このボリュームなら新品で3,000円はしてもおかしくないのは納得した。【ただしAmazonで”Good Condition”と書かれていたのに、汚れがあって(整備しながら見る汚れw)、さらにハードカバーが取れかけていたので木工ボンドで直したw】

だが内容は意外にも雑

自分が他の整備書と較べてしまっているのだろうか。随分と気休めの整備書に見えるのだ。欲しい情報が少ない。

この前交換したステアリングブーツが付いている「タイロッド」の箇所を見ると、「狭いからモンキーは使えないかもしれない」とかしか書いておらず、あんまり参考にならない。しかも締め付けトルクも書いてないw

何というか、みんカラのほうが丁寧で、解決策なども書いてある場合が多い。これじゃざっくりベースの情報にしかならないね。

整備書としては、もうワンランク上のレベルのものじゃないと、『役に立つ』とは言えない。

次に予定している整備内容を見て

フロントブレーキパッドが買ってあるので、見てみるとそのページを中心に結構汚れている。ということは、前のオーナーがそこだけ参照した、らしいw 整備内容の定番といえば定番か。

だが、手順をスラっと読むと、この車種の固有の流れがわかるので案外楽にはじめられると思う。特にみんカラには載ってない車種だと、この本はあってもまぁ、無駄ではない。2ユーロだし。

日本語訳だとお得かもしれない

この本は、初心者向け~中級者向けなので、結構解説が充実している。どの車種でも1冊で良いから、日本語訳を入手しておくと面白いと思った。ポルシェ911なら日本語訳があった記憶があるw

ヘインズが訳している訳ではないと思うし、高いだろうがまた探してみても良い。ポルシェに拘るならもっとレベルの高い整備書が適しているとは思う。

ま、ポルシェ持ってる人じゃないと、このヘインズは買わないだろう。でもこの間ポルエンジンを組んだので興味はあるね。

QR Code