3Dスキャンを「Qlone」でテストした。

前回、無料3Dスキャンとして「Qlone」を取り上げたが、本格的にテストしてみたのでインプレ。かなり残念な結果になった。

要するに使えない・手間がかかる

①期待させるマット

期待をもってA3+が出力できるプリンタを使い、A2を出力してみた。

「A3横×A3横」の大きさということで、A3が2枚分だから、A2と称したが片面シールであり、それなりのボードに大きく貼って、スキャン工房を作った。

マットのPDFをAdobeリーダーで開き、プリンタの設定をA3にする。

サイズかポスターで倍率を設定。今回は横で。

ポスターで193%とし、3枚から3枚のマットを印刷できるようにした。
大変だった;

さらに回転台も用意。

と言っても、手元のハンドシュピナーの一部を外し、ベニヤ板に載せただけ。別に本格的なものは後から作れば良い。

これでスキャン工房ができた、と信じた。

ここまでは期待のあまり、妄信していたという感じだった。。

② 現在アプリがiOSしかないって何

まず驚いたのはiPhoneしか対応してない。おいおいw

③ 大きすぎる期待に応えないアプリ

1回目のスキャンはOKなのだが、2回目のスキャンですぐにフリーズする。10回以上行ったが、これ、かなり精神的に辛い。とりあえず1回目でスキャン結果を保存させてくれよぉ!

途中から高解像度設定も試したが、成功せず。

正直、苦行。しかも唖然とする事が判明。

④ STL出力が有料

馬鹿な。いや、お金払っても良いんだけど、2回目のスキャン結果を反映してほしい。1回目のあやふやなスキャン結果にお金払いたくない。

STLが出力できないと、意味ないだろ。でなきゃ、何の役に立つの??
下の人も使えないと書いている。でもヴューならsketchufabで見れる。

3Dスキャンアプリ「Qlone」を使ってみた

⑤ 結果

奇跡的に1枚、綺麗にできた。
『だから何?』という残念な結果に。3Dで見れてもメリットがない。

何も修正せずにコレだから、悪くはないんだろう。だけどね。。3時間位かかったかもw バカバカしいにも程がある。

⑥ 総評

A2マットを3枚も作って、全力でスキャンに望んだが、全く無駄だった。

ただし、使い勝手が向上する可能性はある。そこしか希望がない。3Dスキャンで遊ぶという無意味な事以外に、使い道がない。

「惜しい」と色々な意味で思う。例えば、1回のスキャン結果を保存し、5回位まで合成する機能を作るとか。他にも何かできるだろ、と。

最後にもう一度トライしようとしたが、アプリの中のカメラがバグって、画面半分しか動かない始末。。。正直厳しいなぁ、と。本当は2M×2M位のシールを分割出力して、人間をスキャンするのが、面白いと思ったのに、全然ダメだった。惜しい故に引き続き遊んでみようと思っている。

QR Code