『20世紀の幻想』@安冨歩

昨日、安冨歩という東大教授の動画を見たが、それの続きで面白いものがあった。経済学者ゆえ、いや、それ以上に経済を良く捉えている。

この中で、「雇用は20世紀の幻想」と言い切ったり、経済観が面白い。時代に大衆がついていけないような「概念が変わるスピード」を把握していなければ、こういう言葉は出ない。

『交換   :孤独 貯金通帳しか信頼できない未来
相互贈与 :頼るべき人が増える』

『宗教性とか神秘性とかを抜きにして生きると、国の思うまま』

こういうハッキリし、かつ首尾一貫している世界観を語れるって凄く幸せというか、この人そのものが財産。

ベーシックインカム等に興味を今まで持っていたが、この人の場合は、もっと根本から人間を捉えているので、豊かだし、現実に即している。

この人の「おかしいですよね?」という講義の言葉は好きだ。というのは当たり前を提示できる程度の地点に、戻れるから。

以下のビデオを見始めたのだが、「価格=納得」という論理もやっぱり根本的だから面白い。当たり前だから。

 

QR Code