ゴンディシャプール ジュンディーシャープール 【英語からの翻訳←wikipedia】

ゴンディシャプールについてはシュタイナーの記述にもあるが、驚くべきはシャープール1世と”マニ”との交流があったという事。(マニ教はキリスト教の未来的な姿と一面では捉えることができる。) ゴンディシャプールが創設当時、この地は非常に学術的にも思想的・宗教的にも豊かな文化が存在したことは確かだ。(以下、wikipedia シャープール1世より)

『文化面においてはギリシアインドの医学や天文学哲学などに深い造詣を示し、その研究と翻訳を進めた。宗教面においては、ゾロアスター教を国教に定める一方、242年に預言者のマニと会見し、彼の唱える新興宗教のマニ教に強い関心を示して、これを保護した。このことにより、マニはペルシア王国全域およびその周囲に伝道して信者を増やし、教会を組織し、弟子の教育に努め、またローマ帝国領内にも宣教師を送ることができた。マニがシャープール1世に捧げた宗教書『シャープーラカン』では、王とマニのあいだの宗教上の相互理解について記述されている。』

マニは、芸術面に優れ、自ら絵画を書いたようである。(もしくは編集)
マニはここで死去し、その後3百年位、ゴンディシャプールは栄える。学院は271年に創設され、500年代に入り、アカデメイアが閉鎖し知識が流入したこともあって、ホスロー1世下で大きな発展をする。638年にイスラム支配を受けたことも、666を回避する大きな要因だっただろうが、どちらにせよ、この地はカルマ的に意味がある土地である、ということは間違いなさそうだ。

(以下、アントロウィキより:簡易翻訳)

この都市はローマ大都市(オロンテスのアンティオキア)の征服後、シャープール1世(240-270)が建設。アンティオキア・シュプールとも呼ばれ、完全に新しいものではなく古い都市の移転の意味があります。都市の市内には、アンティオキアからの多くの追放者が移住しました。 この都市は、特にシャープール1世下では、ササン朝の冬季居住地でした。ここで捕獲されたローマ帝国の皇帝バレリアンも病気で死亡しました。

ゴンディシャプールは、多くのキリスト教徒とマニ教殉教者の拠点でした。 ここでマニとクリスチャン・カトリック教徒のサイモン・バー・サベーが死んだ。 彼はキリスト教の都市の議員でした。 484年、ベツ・ラパトの総会で、ネストリウスの教義がペルシア帝国のキリスト教徒の拘束力として確立されました(東アッシリア教会参照)。

考古学

この都市は主要な発掘の標的とは決して決してありませんでした。 1963年、この村はアンケート調査によって簡単に調査され、町のユニークな外観が大まかに分かりました。 遺跡はおよその面積に広がった。 3 x 2 km。 都市の通りはチェス盤のような模様に基づいてデザインされています。これはギリシャの土台を示すかもしれません。おそらくアンティオキア市の住民の仕事です。 これはHamzah al-IsfahaniやYaqutのようなアラブの地理学者の説明に対応しています。彼は長さと幅が8つの通りそれぞれ直角に交差していると報告しています。

(以上、アントロウィキから転載:簡易翻訳)
(以下、英語wikipediaから簡易翻訳。(一部は日本語wiki):

アテネのアカデメイア(紀元前387年にプラトンが創設、529年に閉鎖)が閉鎖された後、多数の学者がゴンディシャプールに移り、学問の中心として栄えた。

ゴンディシャプールはサーサーン朝ペルシア帝国の知的中心地であり、サーサーン朝の王シャープール1世により設立されたアカデミーは、教育病院の本拠地であり、図書館と高い教育の中心を持っていました。それは、イラン南西部の現在のフーゼスターン州デズフールの南東14kmのシャハバード村の南にある広大な遺跡で、現在のイラン南東のフーゼスターン州のShushへ向かう道に確認されています。

それは今日のような組織された考古学的な場所ではなく、遺跡を除いて、壊れた陶器のような残り物でいっぱいです。

名声にもかかわらず、最近、いくつかの学者がグンデスサプルの全体的な歴史的重要性、具体的にはその病院の存在を疑問視している

オーストリア哲学者・教育者・人智学指導者であるルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner)は、ゴンディシャプールが世界史上に果たした役割を指摘している。本質的に、シュタイナーはゴンディシャプールの文化を、(必然的に)7世紀のイスラム教徒の群れによって破壊される前の早期の開花として見た。

内容

1 名前
2 ゴンディシャプールの台頭
3
ムスリム支配下のゴンディシャプール

名前

ゴンディシャプールは中部ペルシャ語の壊れた形です。それは”wandēw Šāpūr(Shapurによって獲得されたもの)”からのもので、Gund-dēz-iShāpūrの名前は、「シャープールの軍隊」から来ている。(またはBetter than Antioch of Shapur「シャプールのアンチオコスよりも良い」)

町は古シリア語でܒܝܬܠܦܛBēthLapaṭと呼ばれ、ギリシア語でBendosabora、アラビア語でجنديسابورJundaysābūr、新ペルシア語でگندیشاپورと呼ばれた。

ゴンディシャプール台頭

ゴンディシャプールは、ペルシャ帝国のクズスタン州の主要都市の1つでした。 ゴンディシャプールの行政区域にはSusaとMihrijanqadaqという近隣の町があり、後者は実際には別の州にあった。ほとんどの学者は、バレリアン皇帝が率いるローマ軍を倒した後、アーデシュルールの息子であるシャフール1世(Artaxexes)がこの町を創設したと信じています。 ゴンディシャプールは守備隊の町であり、戦争の多くのローマの捕虜収容した。

シャフール1世ゴンディシャプールを彼の首都にした。 シャフールの妻(Aurelianの娘)は、彼と首都で住んでいた。彼女は彼女の2人のギリシャの医師を連れて来て、町に定住させ、ヒポクラテス医学を教えさせました。

489年に、エデッサネストリウス派の神学と科学の中心は、東ローマ帝国の皇帝ゼノンによって閉鎖するよう命令され、ニシビスに移り[2]、さらに、ペルシャ支配下のフーゼスターン州のゴンディシャプールの世俗的学校に移った。ここでは、学者は、529年にユスティニアヌス1世によってアテネから追放された異教徒の哲学者と共に、医学、天文学、数学の重要な研究を実行した。

サーサーン朝の君主ホスロー1世 【不死のアヌーシールワーンと呼ばれ、ギリシア人ローマ人にはChosroesとして知られている。在位:531年 – 579年】 の支配中に、ゴンディシャプールは医療と博識で知られるようになった。ホスロー1世は、ビザンツ帝国の宗教的な迫害から逃れたギリシアの哲学者やネストリウス派アッシリア人に避難所を与えた。サーサーン朝は、現在のイラクとシリアの支配のために、ローマ帝国ビザンツ帝国と長く戦っていたので、自然と亡命者を歓迎するようになった。

王は、亡命者にギリシア語シリア語のテキストをパフラヴィー語に翻訳するよう依頼した。彼らは、医学、天文学、占星術哲学と実用技術の様々な文書を翻訳した。しかし、哲学者たちはペルシャでは不幸で、後にギリシャに戻ったと言われている。

ホスロー1世もまた東を向き、インド中国の学者をゴンディシャプールに招くために、有名な医者Borzouyeを送った。これらの訪問者は、インドの天文学、占星術、数学、医学の文献や、中国の薬草宗教の文献を翻訳した。Borzouyeは、自分でも『パンチャタントラ』を『カリーラとディムナ』としてサンスクリット語からペルシャ語に翻訳したと言われている。

5世紀の間に多くのシリア人ゴンディシャプールに定住した。シリア人の大部分は、当時の主要な医学の中心地であったウルファの医者だった。

イスラムの支配下にあるゴンディシャプール

サーサーン朝は、638年イスラム帝国のアラブ軍に敗れた。学院は統治者の交替を生き延びて、高等教育のイスラム学院として、数世紀の間存続した。それは後に、アッバース朝の首都バグダードに設立された学院と競合した。832年に、カリフマアムーンは、有名な知恵の館バイト・アル=ヒクマ)を設立した。そこでは、ジュンディーシャープールの方法が模倣された。実際に、知恵の館は、元のジュンディーシャープール学院の卒業生を職員にしていた。知恵の館は、マアムーンの後継者のムタワッキルの下で解散されたと信じられている。しかし、その頃までには、アッバース朝の知的な中心は、はっきりとバグダードに移っていた。ジュンディーシャープールの大学や病院は、以後は文献にほとんどでてこない。

学院の重要性は、徐々に減少した。LeStrangeの1905年のアラブ地理学者の解説「The Lands of the Eastern Caliphate」によると、10世紀の作家ムカッダスィーは、ジュンディーシャープールは廃墟になったと述べている。

QR Code