500円のラズパイZeroをドラレコにしてみる【FAT32パーティション拡大】タイムスタンプ録画

前回、ラズパイをドラレコにするのはメチャ簡単だ、という話だったが、1つハードルがあった。今回はそれを乗り越えてみる。

記事冒頭の画像はIRカメラですが、昼でもドラレコとしては問題なし。  Zeroでも1920×1080でも記録可能です☆ 夜でも監視で使えそう。

必要なもの

・設定済みのラズパイ(ZEROもOK)
・カメラ(USBカメラでも動くかも)
・USB電源(12V→5V等)

プログラムとそれを自動で実行させる設定は最後に載せてます。

できること

・電源ONで勝手にラズパイのSDカードに録画されはじめる。
・SDカードをWindows等に刺すと、drecフォルダですぐ確認可能。
・10分間隔で2時間レコーディングする設定にしてある。(変更可)
・解像度もFHDで録画可能だから高性能。
・タイムスタンプが付いているから楽しい。それっぽい。
・車載12→5Vでなくても、モバイルバッテリで運用も可能。
・事故の時、電源が切れると、そのファイルは記録されないw
・電源OFFと同時にラズパイがダウンするので、改善余地あり。

この記事の注意点

ドラレコの録画ファイルをSDカードに無理矢理記録するために、この記事を書きました。USBスティックで記録するほうが簡単かも。

ラズパイの先頭パーティションを拡大するという事がテーマとなります。

その際に必要なものは、簡単に言うと、パーティション操作ツールです。 ここではGpartedとEaseUSというフリーソフトを使用しました。

ハードルと前置き

データをUSBスティックではなく、SDカードに記録しようという話。

ラズパイ標準OSのSDをWindowsPCから読むのに細工します。

ドラレコのデータをSDに格納する方法は何通りかあります:
①Gpartedで、FAT32パーティションを拡げる方法(下記参照)

②マルチブート環境にして、FAT32を用意する(←できなかったw)
NOOBSやBerrybootやらを使ってできないか探る方法です。

要するにWindowsPCが読めるFAT32にデータを置くのが目的。

方法その① : Gpartedを使ってみる

①のリンク先のように、ラズパイのSDカード上で、Boot システムが入っているパーティションを拡げます。本来は40MB位しかありません。

ターミナルから、sudo apt-get install gparted と入力。

済んだらメニューから、起動します。

私はUSBから刺した/dev/sda/を操作しています。(16GB)

アンマウントしなければ、リサイズできません。
私は16GBなのに、3GB は増やせず、2GBならできました。

容量によってケースバイケースでしょうか。

時間が結構かかる。

今度はFAT16領域を拡張し、2GBにする。

だが、痛恨のエラー。

新しいバージョンのせいか、再起動して、F32でフォーマットしたが駄目だった。

ではどうするかというと、Windowsのフリーソフトを使ってみましょうか。

メールアドレスは登録する必要があるけど、フリーソフトですね。

まず、同じようにGpartedで後ろのパーティションをズラします。これが時間かかりますね。

それからwindowsでEaseUS P Mに前のパーティションをリサイズしてもらいましょう。

で、結果、32GBのSDで、boot領域が16GBになりましたね!

 

方法その②

NOOBS Lite はマルチブートいけるんかな?と思って入れてみました。

SDにコピーしてセットアップ開始すると、wifiで繋げようとします。

次にDataパーティションをチェックし、PIXELも入れてみました。PIXELの前に空きパーティションを入れられるかな?


セットアップが終わってdh -hで確認したら、512MBのデータ部は後ろの方になっていた。場所が問題だからこの方法はこれで止め。

 

 

 

 

 

 

方法その②(おまけ)マルチブートを試してみる

これは結構面白そうなので、例えば車載システムにせよ、Kodiと別のシステムの並存ができないか気になっていたところだった。


NOOBS LITEと同様、SDへコピーした起動し、wifi等を設定。
インストール先のドライブを選択。
2016.11版のRaspbianを選択し、インストール。しかし途中でエラーw
再起動して、この画面。もう一度Add OSからインストール。成功。
で、普通にラズビアンが起動し、このパーティション構成になっていた。

berrybootのラベルが貼ってあるので、Gpartedで触らずに、もう一個RaspberryPiをインストールしたどうなるのだろうか。Windows側からはどう見えるようになるのだろう。試しに2個目をインストールする。

2つ目のRaspbianも入った。

Windows側から見ても、127MBのBootフォルダがひとつあるだけだった。

試しにGpartedで後ろのパーティションをズラして、EaseUS PMでFAT32に変換した。

 

 

 

 

いい感じになった。これでBerrybootでもPCとのデータ共有が実現。

プログラム: 動作保証はしません^^

簡単なプログラムをPython+picameraで書いています。私は/home/pi/にプログラムを置き、以下を/etc/ rc.localに追加し自動起動させます。

私のようなLINUX初心者は操作等にLeafpadExをおススメします。

drec.py 録画時は、カメラ脇のLEDが点灯。10分間ずつ2時間録画。

 

 

QR Code