【500円で】ラズパイを3Gで野良にする方法【Blink等のサーバーサービス】

ラズパイを太陽光で動かすまではできた。

さらに3Gモデムを使って通信させることはできる。

〔中古ポケファイは3個まとめてオークションで買った。1個500円位でよくある。電波の関係でその機種が使えなくなる可能性もあるので注意〕

ここからが大きく分岐するポイント

【方法1】ポケットwifi(ルーター:公開)・・・(wifi) ・・・ラズパイ
【方法2】ポケットwifi(外部にPPP接続)ー (USB)ー ラズパイ
【方法3】ポケットwifi(外部にwvdial)ー (USB)ー ラズパイ
【方法4】ポケットwifi(ルーター:VNC)・・・(wifi) ・・・ラズパイ

(【方法5】外部に一方的に発信する←後日気が付いた;)
(【方法6】Blinkを使って、外部からアクセス←さらに後日発見!)

結局は外部からアクセスすることを目的としている。
ということは『トンネルをどう掘るのか』だろうと思われた。

イカす【方法3】wvdial

クソ高い「SORACOM」にどうしてお金を払う気になるのか・・・
この意味ではドコモのL-02Cが安くて有名だと思います。

私もL-02C、良いなと思っていました。ソラコムよりw

結構、探せば情報が出てきて、このサイトなんか良い。

一番良さげな、【方法2】PPPconfig

おそらくこのページが一番面白く、一番スマートに感じる。

でも良く考えると、3Gで通信しても外部公開できない、ってこと。
上記URLにあるように、SSHトンネルを掘る方法がコレになりそう。

一番普通な、【方法1】ルーターで外部公開

最初からこの方法を考えていたのだが、モバイルルーターでは難しいようで、ココにつまづくと一気に冷える・・・

普通に考えばポートマッピングで解決だけど、グローバルIPがポート開放されているか、とかの外部要因があって、これが一番厄介に思う。

ありそうな【方法4】VNC

であれば、ポート開放するのは一緒なんだけど、「VNCじゃダメなの?」 って話になる。

僕には難しいが、こういう説明もある。

気がつかなかった【方法5】外部発信

上記【方法1-4】を考えていたら、もっと簡単にラズパイを生かす方法があった。というか全然気が付いてなかったけど、常時接続できているのなら、twitterとかでつぶやいたり、画像を送る事は簡単にできるよね?

温度湿度を知らせたり、何かを検知して、発信することはできる。
これって大きなポイントのような気がした。

3GとかPPPとか小難しいことではなく、簡単に考えれば良いような。

【方法6】Blinkを使って、外部からアクセスできる!

さらに後日Blinkというサービスを知りました!これを使ってみます!
これでかなり助かるわー

 

QR Code