Raspberry Pi zero に『RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL』をインストール

ラズパイ”ZERO”に最新公式OSをぶっ込みます。
ぶっ込んだ日本語のブログが見つからず、ラズパイ普及してる!?

Googleの”PIXEL”から来ており、今回GoogleCromeが搭載されます。
結果から言うと新OSは50秒位で立ち上がりますね。

1時間以内に終わって簡単。

①microSD②Zero本体③モニター④usbマウスusbキーボード⑤wifiドングル⑥BTドングル⑦OTGハブ、など。今回は以下を参考にしました。

まずwindowsで公式からファイルをダウンロードしてzipを解凍すると、

2017-01-11-raspbian-jessie.img

というファイルができます。

これを書出しソフト”Etcher”でサクッとmicroSDに焼く。
これが意外に時間かかりましたね。30分位かな?

そして出来たmicroSDカードをZEROにセットし電源ON。
しばらくすると完成~♪ ハッキリ言って何もしてないw

 

 

しかも得体の知れぬwifiドングルを認識しているので、wifiも繋がる!

さらに日本語化。再起動。

そしてLXターミナルから”sudo apt-get update”と”sudo apt-get update”

そうこうするうちに、OSの立ち上がり時間はだいたい1分以内だということが判りました。さらに気が付いたら、Bluetoothも認識していました。

CPUが結構100%で動くけどインストールした時点では実用なレベル。

最初からVNCが付いている幸せ

ドングルを挿しておけばすぐにwifi、およびBluetoothが使えて、さらに快適なのが、最初からVNCも使えるということ。これは大きい。

結果的にwindowsからもスマホからも、すぐに繋がった。めちゃ楽。

まずはラズパイ側で「設定→RaspberryPiの設定」でVNCをONにしておき、

画面上方のアイコンをクリックすれば、IPアドレスが分かる!便利!

WinPC用のVNC ViewerをDLして、IPアドレスを打ち込むだけw

同じ要領で、スマホでも簡単に実現。使い方も出てきて丁寧だ。

しかしスマホは、やや操作しずらいと感じる。あくまでスマホは予備的な手段かもしれない。

あと気になったのはSudo apt-get upgradeが途中で失敗してしまったので、何度かやり直したぐらいかな。

 

 

上記でセットアップは1時間で終わると書いたが、Upgradeはもっとかかるかも? あとGoogleChromeは正確に言うとChromiumだ。

基本的にはこんな程度のセットアップとなった。

実はZERO専用カメラも買ってある

なぜカメラを買ったのかというと、画像認識にも興味があるものの、車に積み込んでドライブレコーダーか、監視カメラの代わりに使おうと思ったからだ。Zeroでなくても良いが、以下のサイトで気になるのが:

コレ、全然知っていて良いことだね。。0.1Wか。。

ZEROを定点カメラとして使えば、何とかなるかも。

こちらに記事書いています。インストール不要ですぐに写真とHDビデオが撮れました。あとはストリーミングとか3G運用とかが視野に入る。

この2000円しないカメラモジュールは、撮影中は2.5W程度でした。

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。