RaspberryPi(/zero)のカメラは何を買う?

公式のカメラが5千円~3千円で買えますが、安くても同等のものもあり、8Mと5Mがありますが、5Mでピクセルで充分だと思いました。

最安は10ドル未満。多機能でも20ドル以内が基本です。

(この記事でZero用・コチラでLED(IR)付魚眼カメラをインプレします)

ラズパイ用か、Zero用か、変換ケーブルか

新しく買い増ししたZEROを見てみるとカメラ用コネクタが付いている。使っていた古いZEROには無い。下記を見ると、ZEROは他のラズパイとカメラケーブルが違うみたい?

第43回「Raspberry Pi Zero V1.3+カメラモジュールでミニ定点カメラを作ろう!」

で、私もそもそもカメラに興味が無かったので知りませんでしたが、、

ケーブルが複数あると便利かも。

フィルムケーブルでも30cmとかもっと長いものもあると思います。

カメラ部がデカい/小さいあります。

その辺の安いUSB-Webカメラでも良い

みたいです。。下記のように、1500円出せばオツリが来ます。

ですので、ラズパイというモノに関しては、随分、古い情報と新しい情報でかなり状況認識に差があるのが怖いです。例えば下記の情報とか。

Raspberry Piで作るダンボールデジカメの作り方

ほぼ公式っぽい安いカメラを購入

とりあえず”Zero専用”がAmazon.deにて、2千円位でありました。

Pixels: 5M
Resolution: 2952 x 1944 Aperture: 2.9
Focal Length: 3.29
FOV: 72.4 degrees Cable length: 60mm

暗視可なカメラも売ってる。おお、レンズが普通の魚眼があるね!
(この”暗視魚眼”カメラも後日買っちゃいました; 記事はコチラ

届いたけど、「これ、すげー小さいわ!」

差し込み作業は2秒で完了。即実行!

① ラズパイ専用カメラの接続確認
$ vcgencmd get_camera

② ラズパイ専用カメラで静止画を撮影
$ raspistill -o cam1.jpg

ラズパイで自撮り!

ZERO本体が写っている!

なんなの?嘘みたいに簡単なんスけどw これほぼ公式カメラ?

「アクセサリ」→「イメージビューワ」ですぐに写真を確認可能。

今度は動画だが、どこに格納されているかわからないw
$ raspivid -o viseo.h264 -t 20000 で20秒HD録画を実行してみた。
$ omxplayer video.h264 でデフォルトのソフトで閲覧できる。快適。

コマンドは以下に詳しいが、消費電力はZEROで通常0.2A程度。1W。
で動画撮影時は最高0.5Aまで上昇した。

後日

コチラで下記を参考にしたライブカメラやりました^^

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。