WordPressで更新に失敗し、再起不能の絶望から復活する方法

2017年初めての投稿になります。実は2016年秋にWordPressで更新に失敗し、再起不能となり完全放置していました。

今回お土産として、『WordPressを復活する方法』を携えてきました。

<ある日、何が起こったのか>

私は本来Windowsなど、更新の類は基本的に拒否する方針でしたが、最近、Windows10あたりから、もう考えるのも面倒になりました。

ついにWordPressも「ま、大丈夫だろ」と気軽に更新してしまいました。

ngまさか、、、です。嘘!?
wp-adminの管理画面にも、アクセスできません。

ついに締め出されました。

ほぼ、ホワイトアウトというか、ブログもWebから見れないし、ブログを管理することもできない。PVも減っていきます。だけど何もできない。

WordPressの更新に成功、Plug-inの更新も成功、したのですが、Plug-inが原因で、管理画面も壊れてしまったようです。

①日本には情報が無く、海外に情報があった。

日本:「WordPressのデータを保存しておいて、新しくインストールする」

もう、考えただけでめんどくさいですよね。どうでもいいブログだから消すというのも良いんですがページビューが1000人/日のアクセスがあり2年位はこまめにやっているので、翌年1月の鯖契約更新まで放置。

そして3か月・・・ついに2017年1月が来ました。

上記手段で復旧する前に、世界ではどうしているか、ふと調べてみました。なんと、情報が全然違うのです!

海外:「pluginフォルダを変名すれば、アクセス可能になるよ」
私  :「嘘でしょ?そんな簡単に直るの?早く教えてよー」

http://www.wpbeginner.com/plugins/how-to-deactivate-all-plugins-when-not-able-to-access-wp-admin/

世界で検索上位に引っかかったサイト。myphpadminからの復旧方法もある。

速攻、FFFTPを久しぶりにインストールし、plugins→plugins.deactive等ftpとリネームするだけ。

これでログインできます。

自分のブログが戻ってきた時。すごく嬉しかったです。

なぜ、この方法が日本に無いんだよぉ!

② その後の処理

管理画面に入れますので、プラグインをあとはどう直すか、となります。

revive私はリネームの考え方を引き継いで:

・問題のあるプラグインフォルダをリネームし使えなくする。(画像中段)

・プラグインフォルダ名は直す。

上記のようにすれば、問題が起きたプラグインだけが使えなくなります。

ま、あとは消すなり、別の新しいプラグインにするなり、すれば良いのでしょう。

以上!!!!

これ、マジで有益な情報かと思います。

沈没したおかげで、3か月間のPVはゼロ(笑)ですが、自分の記事で一番他人に役に立ちそうな記事になりそうです。

そうそう沈没する人は居ないとは思いますが、いち早くこの記事が日本語での検索上位になる事を祈ります。

2017年が世界の皆さんにとって良い年になるよう、心から祈ります!

 

<ちなみに>

後遺症として、サイトの画像がほぼ全てぶっ飛びましたw

FTPで画像のバックアップを取っていた時、ミスをしたのだと思います。

buFTPもあまり弄りたくない。サーバーの有料バックアップもどうかと思うので、自動バックアッププラグインというのが動作してくれると吉ですね。

QR Code

「WordPressで更新に失敗し、再起不能の絶望から復活する方法」への2件のフィードバック

  1. あけまして復旧おめでとうございます。
    データが壊れたと短く書かれていたのが宇宙からの交信というか、ダイイングメッセージの様だったので、繋がってビックリです。

    1. ん、もう、冗談やめて下さいよぉ!「あけまして復旧おめでとうございます」なんて、聞きたくもない(笑) それに「ダイイングメッセージ」だなんて、本当に可笑しいw でも画像がほぼ全部吹き飛びましたね。半身持っていかれたけど、何とかブログは生き残った感じです。

      改めまして、明けましておめでとうございます^^ drepenさん、また今年も何かありましたら書き込んで下さい。今年からタブレットではなく、ARスマホもウォッチしようかなと思っています。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。