トヨタのアルミテープを実証⑨ 実行前サンプリングデータ @ニュルブルク計画

データ採取に問題が出てきた。4分しかログが取れない。

厳しい状況だが、そもそもアルミテープの効果をどうやって実証する?
タイムアタックしても良いし、最高速度に挑戦しても良い。ただし、客観性が問題になってくるので、少し考えてみた。
golf4at-rev-speed
これが当方ゴルフ4のデータだ。(速度と回転数の相関図:4分間のみ)
高速が今日やや混んでいたので150km/h位までしか出していないが、要するに4ATの回転数が速度に直結しているってこと。

この4段目のギアで、回転数を上げれば、当然速度も上がる。
本日も180km/h出したが、その位の速度が限界なのは、回転数がそれ以上回らないということだ。それ以上はモーターが回転しない。
golf4at-rev-speed-2
つまり、180km/hでは5800~6000RPM位が必要ってこと。
個人的に思うのは「効果があるってのは、同じ回転数でも速い」ってことじゃないのかなw 『アルミテープ貼ったら、黄色のラインになった』っていうことだよね。例えば。そんなに速くなるのは無理だけど、アベレージで黄色寄りになれば、確実に効果あるってことだよね。

おそらく6000⇔185が限界。それが6000で195とかになれば、ね。

もうちょっとサンプリングしてみよう

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。