メディアの”犬”加減@東京都知事選挙

メディアの犬加減が止まらない。都知事選で報道されない禁句:

増田候補:『東電』元取締役(原発事故責任放棄の巨大組織)

小池候補:『国民会議』関係者(まさかの東京核武装論者)

上記を報道したら、両候補が当選できるわけないでしょw

【裏読み:安倍政権(電通)のシナリオ】

電通=安倍政権は、自民党よりも上位に存在している。自民党は骨抜きにされ、安倍に派閥が対抗することもできない。

粘着な舛添叩きは、小池の立候補が前提だった可能性がある。
あれほどの叩き情報も「どこからの情報なのか報道されない」w

舛添ゴシップの情報ソースは顔が見える情報なのかw

国民会議は元「生長の家」の組織。この国民会議が真光なども取り込んで、安倍の『憲法改正を実現する1000万人ネットワーク 』の基盤を作っている。日本では宗教の残光が市民の未来を破壊している。創価学会もしかり。

安倍は非常に面白い?総理大臣だろう。国民会議にも、電通にも、大きな支配力を持っている。電通がブレーンなのは間違いないので、安倍が主人だと言うこともできない。そしてテレビを見ていると安倍が徹底した信念(?)を持っている事が判る。

「呼吸するように嘘をつく」・・・特にインタビューでの最初の3秒は嘘。 これが凄いなと思う。笑える。これほどロボットのような「ボクちゃん」は見たことがないw NHKなどでは、最初の3秒をクローズアップするシーンが多い。

【最後に:参院選を結果を見て】

投票というシステムも政治を勉強している程、時間が割かれるので、無関心層よりも効率が悪くなる。”マスmass”に勝てるのは”質”しかない。量より質だ。

『目に見えるモノよりも、目に見えないモノのほうが威力がある』

宗教を捨てた日本人は、次に政治も捨てた。
先日のロッキード事件のNHK特集を見ていると、昔のほうが今の日本人よりも政治に関心を持っていた。今では無関心となった。
その代償を負うことになるだろう。

宗教は目に見えないことに関わる。信教の自由はとても重要だ。しかし信教そのものが「ムダ」?じゃ、哲学は?ありえないでしょ。
孔子の時代から思想してきたのに、今更無思想=無神論?
科学しか信じない人は、そもそも何も信じていない。
というのは科学は基本事実だから。仮説は事実ではない。

星の王子様のように、目に見えないモノの大切さを説くのではなく、その威力に注目するというのが、新しいトレンドだ。

目に見えないモノによって目に見えるモノが動かされる、そういう所に人間は感動するのではないだろうか。できるだけ人に知られないように、できるだけ秘密に満ちた自分の聖域で、未来への努力が現実化する、というのが、僕が見た未来。

僕はそのように行動したい。

300年後の未来へ、今始めること。希薄なものほど、より大きなチカラを産み出すこと。信じたい。

 

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。