トルコリラとクーデター推し。

ついにトルコの独裁的大統領エルドアンが追い出されるか!?
クーデターというのはここ最近聞かない響きで新鮮だ。

基本的にトルコはアメリカのコントロール下にあった。しかも国内の自由度は低く、Twitter等が国家に停止されるような国。

クーデターが無事に成功し、クルド人問題を解決すべきだろう。
昨年の東京でのトルコ大使館騒動を見れば判る。

クーデターは大義か

軍は「民主主義を保つ目的」と発表したのが笑える。独裁が行き過ぎて、クーデターが起こったw 馬鹿としか言えない。

しかしクーデターそのものはロシア的なのかアメリカ的なのか、疑問を持つべきだ。一番良いのはどちらでもない、ということ。
トルコ暴政への市民の怒りは、正当なものだろう。

ロシアは問題じゃないにしてもアメリカのやり方の陰湿だから、クーデター分子の中に、アメリカ要素が混じっていない事を祈る。

基本的に、ロシアのドーピング問題は、アメリカのカードであり、ロシア自身が悪いにしても、政治問題なのだ。時間軸を見ると問題が鮮明になるのだが、ロシアがISを空爆しているので、アメリカは報復として、エジプトの航空機を落としたり、オリンピックで明らさまにロシアを槍玉に挙げるw しかし継続してニュースを見ていないと、こういう事はわからないだろう。

確かにロシアや共産主義は暴政だったかもしれないが、アメリカの徹底したステルス作戦のほうが「陰湿で粘着」だと感じる。

クーデターが失敗・成功の情報が錯綜しているが、失敗すれば再び強権下での政治が横行するので、民主主義は後退するだろう。

西側メディア以外の情報ソースではsputnikも重要。どちらも信用すべきではないが、情報戦の面もありうる。戦闘も止まない。

トルコリラでFXしている場合

現時点で34.5円(/リラ)で推移している。
クーデターが起こったのに、通常レンジだw

よほど34円が現状での底値なのだろう。政権が変われば、リラは短期的に下がる。しかし40円位に回復するような要因もない。

ただ面白い事に気が付いた。

trksw
手持ちで損切できてない48円の2玉が67,000円を稼いでいる。
25万円マイナスw 損切りしない限り、25万円は負けていない。
つまり口座にはスワップが溜まり続けてゆき、放置しているだけで、5万円/年を運んでくる。あと10円下がっても耐えうるのだが、今決済してもそんなに痛手でもない。迷うなぁ。

結局ロングを続けるのなら、今のOANDA(65円)よりも、ヒロセ通商は115円は魅力だな、と。

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。