M.2 / miniPCIe LTE化調査 NECが天国な話

 本題に入る前に面白いものがAmazonにあった。

PIN 8  VCC –  Sim PIN 1
PIN 14  RESET – Sim PIN 2
PIN 12 CLOCK – Sim PIN 3
PIN 4  Ground – Sim PIN 4
PIN 16 Vpp – Sim PIN 5
PIN 10 I/O port Sim PIN 6

miniPCISimPINから信号を引き出すダミーツールだが、左の番号は何なのかというと、対応するMini PCIE でのPin番号だ。

表の赤枠で囲った部分は、miniPCI-E カードでSIMカードと繋がるPINに当たる。

miniPCIeの6個の信号にSimカードを繋いでやれば、通信を始める。

現にPhoton2で行なわれた成功例は、この赤枠の10-16を4信号をマザーボードから隠す、というものだった。(詳しくは後述)

さて本題だが、m.2 とmPCI-E で使うPINの違いを確認したい。ME936(M.2)のマニュアルより。miniPCIeの表と全然違いますね。
m2pinnumber
冒頭のSIMカードとは裏側の30-36が直接やり取りしてますね。
30 UIM_RESET, 32 UIM_CLK, 34 UIM_DATA I/O, 36 UIM_PWR
あとPIN 8のW_DISABLE # でWWAN機能殺せます。INPUTなのでPIN 6のPower_On_ Off も、モジュール電源ON/OFFで重要かな。あとSIMを検出するPIN66 SIM_DETはHighでPresent。

他には四角で囲った赤黒の他に、CONFIGUSBが目玉ですね。

今回のArrowsTabとは関係ないが、SIMスロットにも注目した:

Aliexpressで売っているmicroSIMスロット。標準的には6ピン。
AliSLOT
おお、コレなんかArrowsTab用に丁度良いサイズだw でも足の位置が全然違う。

で、ME936のマニュアルに良い図があったから載せてみる:
m2-SIM
これによると、VPPは接続する必要がない。ただカード検出の信号CDが必要なのだが、いくら中華でも検出のピンはあるだろうw

 メーカーのBIOSをクリアする方法の検討

メーカーのBIOSがm.2モジュールを弾く、というがあった。

①Lenovo 上記の方法だと、裏面のPin8 W_DISABLE #と、表面のPin1 CONFIG_3, Pin69 CONFIG_1, Pin75 CONFIG_2 というピンをマスキングすればいい。このCONFIGピンの仕様はMicrosoftが決めている気がするが、一応頭に入れておこう。

LenovoのBIOSがm.2カードの名前まで見ているという参考例。

②富士通 BIOSはLenovoのように監視していない。ただモバイルネットワーク(WWAN)が認識されないだけ。普通に起動は可能。
元々BIOS側で、WWANが殺されているのだろうか?

試しに8(,1,69,75)ピンをマスクしても、ANT30MOが認識されないので、単純にW_DISABLEだけで殺しているわけではない。

③NEC 面白いのは全くノーチェック。ThinkPadに詳しくないが、同等製品ならばThinkPadなどのLenovo製品を買うよりも、むしろLTE的にはLavieやVersaProを買うべきではなかろうか?

但し、当方ではLavie(VersaPro)でME936の開通はできていない。中華機で検証できないがME936は別の問題で動かない気がする。

④Photon2 これは、miniPCI-EでのSIMの仕様じゃないかな?
このminiPCI-E用の別売りSimスロットは、マザボ側に対して信号を出しているのかな?

とにかくヒントっぽい。miniPCI-Eの仕様として面白い。

⑤HPとかPanaとか ANT30MOで弾かれているようだ。HPは日本向けにLTEモジュールを作ってる。PanaはEM7330を使ってた。

⑥DELL これもLTE化の話題が豊富。Wifiモデルにポン付けの場合もあるようだ。当サイトのV919 CoreMの実験例はDELLの成功例で思いついた。

⑦中華機(ONDA、TECLAST諸々) V919CoreMで実績があるが、多分色々できると思う。ただし当サイトでME906Eを差し込んで使えなかったという報告はあります。現時点で私もME936は使えていません。Huaweiカードやドライバ側に問題があるのではないのかな。多分、Windows10あたりでカードが認識されれば、ファームウェアの問題かもしれない。Win8ではcom portが見えないので、色々調べるのは難しいかもしれませんね。
まとめると、CONFIGピンの話がLenovo以外の他のメーカーにも関係するのだろうか。Huaweiだけでなく他のカード、ANT30MOを使ったり、Sierraだったり、色々なケースを考える必要がある。特にM.2のLTEカードにはFRU等の番号、ファームのバージョンの違いもあるので、個々に対策すれば良いのだろう。

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。