SIMフリー LTE対応、WINDOWSタブレット 比較⑪ 為替(MT4)用

為替に活用可能な「SIMカードが挿さるwindowsタブレット」。昨年は探し続け、つい気の迷いで高級機を買ってしまった(汗)

仕方なかったんだ!選択肢そのものが少ないよ!と言ってみる。

とはいえ、普段は為替をほとんど見ないw つまりタブレット自体が面白そうなので、買ったわけだw 為替ガー、とか言い訳だね。

しかし忘れないで欲しい。0SIMの登場が追い風だという事を!

為替が良い例で、タブレット端末にSIM入れる時代が始まった。

タブレットにMT4をインストールしてみる

MT4をダウンロードし、鯖とパスを入れるだけで、こんな感じ。
試しに「オートチャーティスト」なる分析ツールを入れてみた。

mt4

縦25㎝×横15cmの11.6型の画面を立てれば、5つ位のチャートなら楽々収まるから、為替用では縦置きできると嬉しいかも。っていうか、縦型でキーボードにドッキングするタブレットがあっても、全然おかしくない。9.7㌅サイズのipad型タブレットも、縦長で使ったほうが良いと思えた。

スマホのMT4で有利なのは通知機能

ちなみにMT4は IMG_2382iphone6plusにも入れてみた。単一ウィンドウ なので見難い。2チャート位、表示しても良いのに。

あまり魅力がないように思う。私はOanda用アプリで取引したほうが良いかも。

ただ1点重要な機能がある。それは「通知機能」つまり「自宅にあるPCのアラート」をスマホにも知らせる機能。

使えるとすればこの機能だ。ということはMT4には結局PCやタブレットやサーバーが必要ってわけ。面倒くさ。

まずは常時接続の前提としてスリープの問題

スリープとは低稼働状態。スタンバイなどと違い、動いている。

①LTE接続でスリープに入ると、タブレットによっては切れるように思う。WindowsはWifiはスリープ中も繋げることができるが、携帯電話(LTE接続)は繋がらない気はする。手元のhpタブレットは「コネクテッド・スタンバイ」機能が付いており、たまたまLTE接続はBIOSレベルで保証されている。(今知ったwスゲーw)

Mt4sleep②運用スタイルによって、スリープに入るタイミングを決めなければならない。私は「タブレットを閉じる=スリープ」とし、念のため常時電源がある時は、スリープをOFFにすることにした。この辺りは環境によって良く考えて実行すればいい。

結局、MT4って通信量はどの位なの?

為替用であれば、3G回線で十分だとも思えた。しかし私の環境ではLTE回線のデータ量は意外に大きいことが判明した。

mt4indicator<MT4のデータ量って何?>

画面右下の接続ステータスの数字の事です。総通信量でKB表示。これは有難いですよね。これを見ていると、時間帯によって通信量が違うことがわかります。そして、この人(月1GB)この人(2GB)のようにMT4の通信量を測る事も可能です。でも今回厄介なのは「月500MBまで無料」という0SIMの”例の件”です。MT4用としては「500MBって、足らないんじゃないの?」ということ。

<当方環境での試験>←バックグラウンドデータOFFで

テスト①by0SIM(LTE)
混んでる時間帯は1時間あたり3M位、それ以外は1M位だった*。これは総通信量でも簡単に視認できる。
(*オートチャーティストを走らせても)。
また1日あたり50Mだった。結果としては予想しずらい。
環境によるのだろうから、月500MBは不安ではある。それなら3Gデータ契約の低額固定で運用したほうが安心かもしれない。

テスト②Wifi下
今度はWifiで接続し、MT4の総通信量のみをモニターしてみた。すると1日あたり13Mだった。これは差がある。オートチャーティストはOFFにしていたが、そういう問題ではない気がする。なので申し訳ないが、こればかりは各自でテストしてほしい。

SIMを挿していても完璧ではない

実際にLTEの0SIMでMT4を走らせたところ、頻繁に切れることが解った。まぁ、別にそれでも良いのだが、基本的にはおかしい。環境による?が、Wifiを使うなりして対処するべきだろうか。

ちなみに3G回線で運用されている諸氏もいるはず。調べてみると意外に3G回線とはいえ速度は出ているように思う。為替モニタ専用回線としては、問題ないかも。詳しくはgoogle先生まで。

IMG_2419

(一旦終わり。

A4コピー用紙に立てかけた図。タロットカード(クレカサイズ)やSchedoni手帳と)

 

IMG_2501<後日追記>

9.7㌅のiPad AirクローンのWindowsタブレットV919とLiFeバッテリの図。

やはり11.6㌅と比べるとコンパクト感はあります。

 

<*ここからは為替ONLYの話なので注意>

ここでまたあまり云々したくないが、そもそもMT4がユーザー側(Local)で走っていることが”愚鈍”と思われた。どうせ信用して取引業者を選んでいるのなら、『ユーザーの約定条件は最初から業者サーバーに登録すればいいじゃん』って思う。遅延がなくなるから。

つまり業者が予約注文をサーバーに書き込んでおけ、それがサービスだ、としか言えない。いつかはそういうサービスが出てくるかも。ユーザー目線で考えればそれが一番合理的だろう。

あと、最近はFXそのものは個人ゲームとしては成り立っているものの、政治レベルでは「為替」って世界経済コントロールの一部なのだ、っていう感覚になってきた。ある意味では馬鹿らしい。

つまりどういうことかというと、「国家間の産業・利益調整が目的」ということ。為替変動ってのは「自然発生」しているわけではない。むしろそういう風に思い込まされているだけ。株価も為替も、ある程度までは自然発生だが、それ以上に政治操作のほうが大きい。円高も株高も、ある程度の意図に従って誘導されているだけ。ビッグピクチャーは自然ではない。政治変動は勿論、為替に大きな影響を与えるが、そもそもは為替とは結局のところ政治のツールでしかない。

ともあれ、多くの人が取引で不幸にならないように、祈る次第です。昨年のスイスショックを忘れないように。。

わたしは口座こそ150%になりましたが、トルコリラ下落で含み損となり、昨年の取引はトントンですw つまりデイトレでトルコリラ下落をカバーしたわけですが、一歩間違えば笑えなくなるところでした。年利20%のスワップ運用も、地獄行きの可能性。

誰かにカモられたくないのなら、やらないことです。私はマクロやツールや、そういう事を考えるのが単に好きなので、トントンの結果にしかなりませんw MT4も半年ぶりに触りましたw
私もこれからちゃんとカモられないよう、気をつけよう。。

 

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。