SIMフリー LTE対応、Windowsタブレット 比較。

LTE対応Windowsタブレットを選ぶ基準*

①店頭で見た感じ1920×1200を選択すべき。1280×800は貧相
②Ofiice付きを選ぶと良い。EveryPad Proをチェックしてみた
③全機種でサポート体制に疑問。それをクリアできるのは?

*基準は2015年9月1日時点のものです。→続きはこちら

①→店頭に並ぶWindowsタブレットで比較してみても、8.9インチと8インチや10インチは縦横1cm位異なるだけだった。果たして8.9インチは絶妙なのか?それを見極めたかったが、判ったのは別の事だった。「1920×1200を選ぶべき」。1280×800はそれ自体だと綺麗なものだが、較べてしまうと選択候補から消えた。。

②→店頭でEveryPad Proを触った。思わず購入しそうになったw
何も考えなければ購入して良い機種か。ただDellのVenue8Proが元になっている事を考えると、壊れた時の対応が恐ろしい。。。

<名機発見したっぽい。LENOVO YOGA Tablet 2  で、4万位>

最終的に前回とは違う候補として、LENOVO YOGA Tablet 2 (1920×1200)、マルチタッチ Office入り。

レビューを見てもかなり良い。しかし、キーボードが暴走する様子!これ残念。

<③サポート体制やトラブルで見るなら、、、どのメーカー?>

DELL:Venue8Pro 、EveryPad Pro、 Venue10Pro。対応ヤバい。
Clide9:個人客は無視?安いから”使い捨て”と考えるしかない。
LENOVO:機種そのものが怪しい。サポート体制に期待できず。

結局、Surface3しかないのか、、と思ってきた。でもSurface3はゴツい感じがして、レビューも微妙で、満足感が得られるのか。

<ダークホース現る、シャープ Mebius TA-S10L-B、国産!>

←解像度高め(2560×1600)。メモリが4GB。
595g。Docomo系LTE対応。駆動15.5時間。
NFC対応。やはりUSBポートは仕方ないか。
Windows10にアップグレードするなら、Office Mobileは無料で使えるらしいので、TA-H10L-B のWindows Proのほうがスマホからリモートデスクトップができるので、メリット多いかも。(最近はRDPラッピングというものもあるらしい)

国産だからサポートは、電話口でカタコト対応しないだろう。

他の廉価機に較べて、値下り率からすればお買得感がある。実はこの記事を書いている間も値段の更新があった。

ただ動作がもっさりしている報告もある。掲示板を見ると、防水防滴でサウナ(!?)にも使用できるようです。また5万で買えるのはコスパとして概ね皆さんの評価が高い事が判りました。

Windowsは誰もが何年も使っている精神的資産なので、それを生かさない手はないように思う。でないと、常に新しい技術を覚えないとならないという”地獄”というか、非効率性に陥る。。

*あとFXでMT4を動かすのは、タブレットが一番似合う。LTEで24時間売買させるというのも面白い。

<後日追記…>下記LTE対応製品も続々発売。
MIIX 700・・・12インチCore m7が発売予定。8万〜
WN1037LTE  ・10インチ(1,280×800)。キーボード付で4万位。

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。