MVNOで死にかける キャリアスマホのテザリングロックとSIMフリー(docomoスマホ ポケットwifiルーター)

<目次>←あわや死にかけたのでメモしておく
①MVNOデータSIMの買増し時、速度制限地獄を体験。
②キャリアスマホにはテザリングロックがかかっていた?
③SIMフリーのテザリング端末は何にするか

<MVNOのSIMでデータ通信を考えてみた>
今はSIMフリーiphone6+で、bmobile音声+データを使用。
手元のポケットwifiを解約すべく、DMM,BIC,OCN等を検討していた。各社、安いのは分かるが、何がなんだか全然わからない。

まとめサイトもアフィリエイト目的が多すぎて、すごく不便。

そうこうしているうちに、予備回線(softbankのc01hw)を解約してしまった。残るはiphone付属のbmobile1GBでテザリングする。

速度制限の地獄を体験

元々softbankの無制限wifiだったので、1GBという量がどの程度か把握しておらず、わずか2日程でbmobileの1GB使い切った(笑)

訪れたのは『速度制限地獄-体験してみるとこれはヤバい。
bmobileの契約画面すら表示できない。(Google検索画面はギリ)
しかたないので電話をかけまくる。
1:近くのエディオン?に電話→MVNOのカードの在庫なし。
2:遠くのコジマ?に電話→BICSIMなら在庫有→ネット接続要。
3:加入してるbmobileに電話→電話じゃ契約を増やす事は無理。

そもそも3GB、5GB、10GB、どれが良いのか不明。bmobileの高速定額に惹かれたが、SIMの在庫がなければ契約しようがない。

オークション(で買ったc01hwの予備電池)の出品者とも連絡が取れなかったが、wifiで表示された「FON_FREE_INTERNET」?で1通だけ、取引連絡することができた。危なかった。

嫌々遠くのコジマ電気でBICSIMを買うため、車を走らせた。。
10分走ると途中にAEONがあった。あれ?遠くの電気店に行かなくてもSIMが買えるんじゃね?免許とクレカも持っているし。

bmobileの高速定額を買う。「nanoSIMですかmicroSIMですか?」
わからない。。。(笑)  持ってる端末はC01hwという海外でSIMフリーとして使えるルーターやドコモのT-01Dというスマホを、適当にルーター化すれば何とかなると思っていた。変換すればいいので、「小さいほうを下さい」

ドコモのスマホにはテザリングロックがかかっていた

自分は海外での使用をかなり重視しているし、ルーターを買うならテザリングできるスマホ/タブレットを買えば良いんじゃないかとも、最近思ってきた。つまり、LTE-Advancedに対応した海外でも使えるマルチなルーターを買うのか、テザリング目的でタブレット等を購入するか、、正直わからない。ただし今はdocomoのT-01D(Androidスマホ)で接続しないと死んでしまう。

で、docomoスマホでMVNO(bmobile)をテザってみた。

動かない。。。何故?

docomoスマホでMVNO(docomo系)は使えるはずだけど???
SIMフリーにしなくてもdocomo系はそのまま使えるはずで、何度も検証しているうちに、「ネットは繋がるけど、テザリングをした途端、ネットも繋がらなくなり、テザリングもできない」ことに気がついた。

そういうことなんですね、docomoさん。考えましたね。

MVNOではテザリングができない』わけですか。”テザリングロック”なんて概念があるんだね。。

(注:Xperia/Galaxy/Optimusは非rootでテザリング有効化できそう)
(注2:Android4.1以降なら非rootでできる。T-01DはAndroid4.0笑)

ということで、手持ちのSIMフリーIphone6+に差したところ、普通にテザリングができました。当たり前ですな。APNを書き換えずに使えたので驚いたが、APNの管理は今後大切かもしれない。

<データSIMをどの端末で使うか>
調べると手持ちのC01hw(D25HW)は、ドコモでは使えない。HW-01Cというdocomo版ではMVNOが使えるので、『SIMロックではなく、ネットワークロック』と呼ぶ概念もある。それが緩和されたのがGP-01以降の機種でdocomoの1.7GHz帯で使えるそうです。

(C01HWはソフトバンク系のMVNOが出来ると、値上がりかも)

HW-01Cが良さげですが、今回は他のプランも検討してみます。

SimフリーのWindows タブレットをルーター化?

普通のWindows タブレット(8〜10インチ)なら3万で買えますが:

LTE対応 Venue 10 Pro (office付) 6.5万円位 658 g

8インチのEveryPad Pro (office付)実売4万円位で405g

他にClide9(WSK3G081i)というのも3Gであり、2.5万円位で480g

上記がマシな選択肢だと思う。Surface3や他の機種は、んー。。
要するに現状は選択肢が少ない。ヤバそうな製品も多い。でもWindowsタブレットに人気が集まるのは納得だと思う。

LTE対応の8インチWindows10搭載タブレット(office付)が4〜5万で買えるのが現状で適正な価格だし、軽量で使いやすいかも。

SimフリーとWinタブレットの組み合わせは今後スタンダードになると思う。『芝生やソファーで寝ながら仕事する』ですね。

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。