3D プリンタ ステッピングモーター 逆回転

大型3Dプリンタだけにモーター3個の買ったままの配線を延ばしてやる必要がある。正直ダルい。今日2chで暖かい応援をもらったところだけに、時間があるうちに作業を進めねばならない。基本見てるだけだけど2chがあるから楽しくやれた。

ステッピングモーター@秋月 ST-42BYH1004 1900円×3個
(配線は[赤青黒緑]と基盤の[2B2A1A1B]と接続。)
ステッピングモータの仕組みと上記配線を考え、ふと、思った。スクリーンショット 2015-03-23 2.08.22
この配線図、何を示しているの?と。なんか判り難い。

下の図が軸が電磁石で動く様子。・・・あれ?これ、
2B2A1A1Bという基盤の配線、またはXX’YY’の位置関係、
可逆でもイケるよね?と思った。あくまで直感的に。
スクリーンショット 2015-03-23 2.07.12

だからですね、2B2A1A1Bは、1B1A2A2Bにしても良い。
つまり配線色を真逆の[緑黒青赤]にしたら逆回転に!!!

IMG_1170へー、だから色々と取り回しが便利なのね、と。
実際差し替えると、逆回転しました!

2chで指摘のあった「モーターのトルクが追いつかないんじゃね?」の点に関しては、キャリッジの負荷を下げる方法を考えてあるので、現状はこのままです。ドキドキ。手元に3Dプリンタがあればキャリッジは軽くできるけど、現キャリッジは加工素人が木材で作っているので、重くてもこれで試しています。マジ、この重いキャリッジ、恥ずかしい。。

今日からブログは3Dプリンタだけの内容で更新していく予定ですので、Twitterでフォローして頂いてもこのネタ的ブログの更新内容が届きます。一定期間の後、フォローは外して下さい。恥ずかしいので。。

モーターの配線終了!(テストはMomoM3とPCで実施) 次回は重キャリwを動かしてみます!
ステッピングモーターは静止トルクが強いみたいなので、電源が入っている間は重キャリが落ちて来ない?と値踏みしたんですよね。。

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。