VW, AUDI車の馬力アップ

このブログは主に昨年のハワイ滞在のために作りました。そういう意味では、もうこのブログは不要なのですが、その後、シュタイナー思想を自分なりに考えるために書き綴ってきました。

個人的な不要な事は書かないつもりでいましたが、少しだけ増量したいと思います^^今日は昨年行なった車のことについて。

IMG_1112判りますか?VW(フォルクスワーゲン)のニュービートルの助手席なんですが、上のほうに緑色の基盤が見えるでしょう?

これはECUと呼ばれています。これは何をしているかというと、車を制御するためのものです。昔はエンジンはキャブレーターと呼ばれるもので、ガソリンと空気をコントロールしていました。しかしそれを自動制御する時代となり、コンピューターチップが行なうのです。ああ、興味ない?そうでしょう。。私も興味ありませんよ(爆)

ECUは車全体をコントロールしていますが、中に入っているのはパソコンと同じようなもので、データを吸い出して書き換える事ができます。何故書き換える必要があるのかというと、このVWニュービートル ターボを、とんでもないスポーツカーにできるんですね^^;

馬鹿じゃない?馬鹿です。データは16ビットのイメージでチップに書かれています。日本ではほとんどこのような文化がないので、アメリカやドイツの掲示板を見て、勉強しました。このECUを何とパソコンに繋ぎます(!) そして、何が書かれているか、BOSCH(VWの部品メーカー)の規定に従って、読み解いていくのです。まさに、エジプトの象形文字の解読のように、16ビットイメージに何が書かれているか読み、自分の好きな値に書き換えていきます。ドキドキ・・・

ちなみにビートル(英語でカブト虫)はドイツではケーファー(虫)と呼ばれて愛されています。私もケーファー君と呼んでいます。

もし値を間違えると、、、ケーファー君は動いてくれません。死にます(笑)。私の場合、彼を捨てる覚悟で挑みました。挑戦です。

このケーファー君は150馬力です。実は凄いんです。ちなみにこのクラスの車は100馬力あれば十分なのです。しかし可愛くてお洒落なこのビートルは、1.5倍!!! な、な、な、なんということでしょう! トヨタのかっちょいいスポーツカー”86″は200馬力です。(下は86の写真。見たことないですかー?デザインは◎)o06400349full_86styling

ニュービートル参考

しかしこのケーファー君の頭脳(普通なら150馬力)を書き換えると、、、230馬力になります!

な、、なんと!上回る!

(画像は私の車じゃない笑)

これは禁じ手なのです。それを行なう業者も存在しています。しかし彼らのほとんどは何をしているのかと言うと・・・ドイツにメールします。ドイツからデータが送られてきます。実は日本の業者のほとんどは、ドイツからデータを輸入しているんです。うふふ。

でも個人でも責任を持って(アマチュアなら死ぬ覚悟を持って)、ECUを改変することはできるのです。そして、、私のケーファー君は200HP位に進化したのです・・・(笑) ね?馬鹿でしょ?

実はですね、このケーファー君のエンジンが良いのです。AUDIのTTというスポーツカーと同じものが使われています。だから脳を書き換えることで、自分の真の力に目覚めて(?)、超ビートルとなりうるヤツなのです。

ちなみにですね、業者に頼むと10万位でやってくれるかな?そういう世界があるから、面白いですよねー^^ あ、興味ない?www

このブログは当月で消去するつもりでしたが、もしかして続行するかもしれません。

私は車のことを書くとキリがないし、プライベートなことなので止めていましたが、整備はほとんど自分で行ないます。実は私は車に無知でした。関心もなかった。しかしフランクフルトに住む友人がきっかけで、スイスに車を輸入し(!)、人生初のユーザー車検を受けた(!)のです。公式書類は知らないドイツ語がいっぱい。しかも車の知識もない。。とても恐ろしい^^ことでした(爆) 私の人生にはそういう事がたくさん起きて、とても笑えます。

帰国後、実はそれがキッカケで、T自動車の職に就くことになります。人生って何が起こるか、わからない!!

挑戦あるのみです!

*ECUを触るなら注意してください!本当に動かなくなります(爆)

QR Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策により、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。